皆さんこんにちは。

今回は、久しぶりにバスキング(路上ライブ・ストリートパフォーマンス)について語ってみたいと思います。

 

バスキングについての記事は、URL https://oyabinbin.com/tag/busking/ でまとめてご覧いただけます。

 

前回のバスキングの記事は、目的やチップについて語ってますので、ご興味のある方はぜひコチラもご一読頂けたらとおもいます!

 

 

まず、はじめてお越し頂いた方にご説明すると、私は英国でバスキングを10年以上やってきましたので、私のバスキングのノウハウは、基本的には英国、ロンドンでの話しを中心に語っております。

 

他、音楽活動をさせて頂くことの多い国、イタリアでの経験や、私のロンドンのバスキング仲間からの情報などからも、基本的には、ヨーロッパのバスキング事情は、どの国も非常に近いものであると感じております。

 

ですので、コチラのサイトでのバスキングアドバイスは、基本的に海外で行ってみたい初心者の方に向けてお話しを進めておりますので、よろしくお願いいたします!

 

 

さて、今回は、バスキングを行うための準備のひとつとして、「準備すべき必要なもの」について、お話しをしようかなあ・・・と、思ったのですが・・・

 

ミュージシャンが自身の楽器演奏、または歌唱を披露する際に準備しなければいけないものは何か、そんなことは、ミュージシャンの方や、ミュージシャンを目指している方でしたら、基本的にはご存知ですよね!

 

なので、あえてここで題に揚げるほどの事ではないかなあと・・・(笑)

取り急ぎ、この章の流れとして、一般的な必要最低限な準備物の例をあげるとします。

 

私の場合は、基本は歌手、そして、リズムや伴奏のためにアコースティックギターを持つ・・というスタイルですので、「ステージ」で演る際に持参するものは、楽器、ライン用のケーブル、ギターのピックアップ、ギターピック、チューナー、そして、環境に応じてマイクの持参、という感じです。

 

プラス、演奏する会場に対して、音響設備や備品の事前確認ですよね。

 

マイクスタンドの数や(アコースティックギターの音をマイクで拾う方は、マイクスタンドが2本必要ですよね)、私はスタンディングスタイルなので使わないですが、椅子を使う弾き語りスタイルの方は椅子の確認も必要です。まず第一に、アンプやPAの設備についての事前確認は必須です。

 

バスキングの場合は、私は「生歌&生演奏」でやっておりますので、ギター1本があればOKです。

 

アンプやマイクなどの機材を使うバスカーは、アンプやマイクに加えて、マイクスタンドも必要になります。

 

譜面は、ステージでもバスキングでも私は使わないので(これの理由についても少し後に語ります)、譜面台は必要ありませんが、必要な方は、携帯しやすい軽量タイプの譜面台を用意して持ち歩く方がベターです。

 

日本の音楽会場の設備というのは、すごく整っており、そういったほとんどの設備や備品が揃っています。安全な国、日本では、それらの盗難の心配もほとんどありません。

 

しかし、海外での場合の会場設備は、PAなどの最小限の音響設備のみ、と思った方がいいでしょう。

 

ドラムセットを置いてない会場も結構ありますから、海外でのドラマーさんにとっては、ドライブライセンス(運転免許)は必要不可欠。ライブの際は、ドラムセットごと出陣するのが普通です。もちろん、マイクすら常備していない会場だってあるのです。

 

もちろん、設備が完璧に揃っているところもありますし、基本的な必要最低限ものだけ置いてあるところもあれば、スピーカー以外全く置いていない(PAシステムすら微妙な)ところもあります。

あくまでそれは、その会場や場所によりますが、基本的には、盗難防止などの視点からも、施設にはほとんどの備品がないと思って、会場への事前確認は必ず行うか、常に持参することを考えた方が良いです。

 

普段は一番荷物が少なくて済むボーカリストさんも、王道のライブ用マイクではありますが、SUREの58くらいは購入しておきましょう。

 

海外では当然、マイク設備がない会場や、マイクがMC用しかないなんて場所も存在しますから、持っておくと安心。

「今は使わないし・・」なんて思ったとしても、日本のスタジオにマイ・マイクを持参したって全然構わないのですから。

 

ちなみにスタジオ設備で置いてあるのは、ほとんどが58です。これはライブに特化した、基本中の基本のマイクなので、レコーディングではまたマイクの種類が違ってきますが、ライブに持参する事を考えると、王道なマイクを1本持っておくと安心です。

 

余談ですが、私は東京在住時の音楽に興味を持ち始めた頃、全く音楽初心者なのに、すっごい格好つけて、マイ・マイクをスタジオやライブバーなど、至る所に持参してました。(笑)

 

自己満足ですね。(笑)でも、そういう成り切りでもいいんじゃないかと。

 

格好から入っても、気分が盛り上がって楽しくなれば、それでいいと思います。音楽は、音を楽しむわけですから。(と、月並みなことを言ってすみません)

 

そんなわけで、持参するものについて話すと、こんな当たり前のお話しで終わってしまいます。

 

では、逆に。海外でバスキングをやるために、「準備の必要がないもの」って、何でしょう?

 

 

まずは、ストリートの概念を捨てる

 

まず最初に、要らないものひとつ。

 

海外でバスキングをやるにあたって、日本でのバスキング(いわゆる、ストリートパフォーマンス)の概念を捨てなければなりません。

 

海外でバスキングをやること、それはつまり、路上を行き交う通行人の方達への、BGMのプレゼントです。

 

バスカー、つまり、ミュージシャンが主役ではありません。

 

主役は、通行人の皆様なのです。

 

中には、あなたの音楽や歌を聞きたくない気分の人だって、バスカーが演奏しているその通路を通るのです。そう言う人にも、愛される・・ことを目指すのではなく、あくまで「嫌われない」ように演奏するのが大事。

 

バスキングの目的が、腕慣らしであったり、根性試しであったり、修行でも構わないのです。間違ってはいけないのは、そこは「自分というミュージシャンの宣伝の場所」ではないのです。

 

基本的な、海外でのバスキングのスタイルは、以下の記事にも軽く触れておりますので、合わせてお読み頂けたらと思います!

 

 

海外で、大勢の外国人(海外に渡れば私たちが外国人ではありますが)が行き交う路上で演奏するわけですが、あなたの音楽を耳にしたり、バスキング姿を目撃する通行人の方達は、海外でのバスキング文化や、そのスタイルに慣れ親しんでいるわけです。

 

いきなり、「俺の新曲を聞いてください!」「僕はこういう者です!」という雰囲気全開でバスキングを行なっていたら、通行人は確実に「引き」ます。

 

日本では、バスキングは演奏の修行の場でもありながらも、自分のファンを増やすためのプロモーションの場所でもあります。

以前の記事でもお伝えしたように、海外では、バスキングはバスキング、プロモーションは、プロモーション。

 

路上でプロモーション風のそれをやろうとする場合は、カウンシルの許可を取り、大きな設備を持ち込み、ステージを設置する。セット時間を決め、セットリストを決め、それでようやく、日本と同じスタイルのストリートパフォームが成り立ちます。

 

バスキングというのは、海外では、通行人へ、路上へと、万人が不愉快なく耳にできるようなBGMとしての音楽を届けるための「バスキング」、ただそれだけなのです。

 

日本では、ストリートというジャンル、そしてそこからスターへの階段をのぼることができるかもしれない、そんなイメージをいち早く確立したゆずをはじめ、数々のミュージシャンがバスキング(ストリート)を経験し、そこからファンを増やし、メジャーシーンへ進んでいます。

 

しかし、それは日本のスタイルであると思ってください。

 

厳しい現実を語りますと、海外で、バスカーからスターの階段を駆け上るのは、ほぼ、不可能です。バスカーは、バスカー。

 

著名なミュージシャンでバスキングを経験している元・バスカーも大勢います。しかし、ことバスキングをやっているときは、バスカーとして徹しており、それを引退し、そこから離れた際にこそ次のステップに上がります。

 

あるいは、バスカーと、バンド、その両方の顔をきっちりと分けて活動しているミュージシャンもいます。

 

バスキングをきっかけに・・バスカーとして有名になった・・・と言うのは、あまりないんですね、人々にバスカーというイメージがついておりますから、ついてくるのは「バスカー」という肩書きのもとにやってくる依頼のみ。

 

しかし、それも立派な仕事ですから、バスカーは誇りを持ってバスキングをやります。しかしそれは、自分というミュージシャンや自分の曲を売るためではなく、通行人が安心して聞ける音楽を提供するためだけに行っているのです。

 

日本の言葉で言えば、まだ、昭和を彷彿させるストリートスタイルである「流し」の方が、海外のそのイメージに近い?かも、しれません。

 

「流し」は基本的に、音楽いかがですか〜、というスタイルが基本ですからね。そこで、お客さんのリクエストに答えて演奏する、というような。

 

ただ、流しのそのスタイルも、基本的にはこちらから自らの演奏を営業するわけですから、海外のバスキングと全く同じスタイルというわけではありません。

 

海外では、自分を売り込むのは、あまり好まれません。そこ(路上)は公共の場であるということが最優先。

 

誰かが「なになに!?」と、足を止めてしまうバスカーのパフォームよりも、万人がスムーズに通路を行き交うことができるような、そのバスカーの存在や奏でる音が、その路上の空気のように、景色のように溶け込んでいることが、何より理想であるのです。

 

 

下世話な話しではありますが、そうでなければ「チップ」も入りません。

多くの海外のバスカーが、そのバスキングのみの演奏で暮らせるような収入を得ているのも、自分を推すのではなく、通行人に合わせる演奏をしているからです。

 

一つの例えではありますが、JBに続く、ファンク音楽流通の貢献者である、Pファンクの総帥ジョージ・クリントンが、「バンドで路上演奏をしても誰も聞いてくれなかった。だから人々の目を引くために、衣装をどんどん奇抜にしてゆき、アンプでバカでかい音をぶっ放した。そしたら、人が集まってくるようになった」というようなコメントを過去のドキュメントVTRで語っていますが、それは成功例。

そして、ジョージクリントンは、初めからバスキングというカテゴリーではなく、プロモーションというカテゴリーで行なっていたということ。

 

基本的には、海外で、こと「バスキング」を行う際に、アンプででかい音をぶっ放したら、すぐにクレームが入るか、ポリスがやってきます。

 

ここでの目的は、あくまで「海外でバスキングをやること」を目的としてますので、場所を3分で退散させられてしまうのでは、目的は果たせませんよね。

 

その土地、その土地のバスキングスタイルに従うことも、目的を達成するために必要なことなのです。

 

さて、バスキングをやるにあたって、具体的に準備の必要がないもの=持参する必要の無い物が何なのか、なんとなく気づきましたか?

 

今回は、「概念」ということで、気持ちやモチベーション的な内面をお話ししましたが、次回からは、「不要なもの」を、さらに掘り下げていきたいと思います。

 

実は不必要だった2つ目は、日本では「準備すべき!」と言われている「アレ」です。

 

次の記事で具体的に語っていきたいと思います。

 

ご一読ありがとうございました。