前回のブログ、『ビジネスで付き合いたく無いタイプ5選。こんな人からは逃げるべし!』にて、①〜④のタイプをご紹介しました。

 

今回は、その続きとして、「タイプ⑤」についてお話ししたいと思います。

 

個人的には、一番このタイプが厄介かな〜と思っております。(笑)

仕事の仲間内でも「間違いなくデビル」と呼ばれているタイプです。

 

タイプ1〜4までは、以下のリンクより、お読みいただけたらと思います。

 

ビジネスで付き合いたく無いタイプ5選。こんな人からは逃げるべし!

 

それでは、行ってみましょう!

 

⑤人脈泥棒には絶対に注意

 

人脈泥棒、存在しますよね。(笑)

 

被害に遭った方も多いのでは。

 

これって、紹介した恋人を奪われたり、親友が他の友人と仲良くして嫉妬する、というのとはまた違うのですが・・・(笑)

 

しかし、日常の上記のようなシーンでも、人のものを欲しがる人って、ビジネス上でも同じことをしているんじゃないかな?と。

 

学生時代に、仲良くなろう!と近づいてきては、自分の服装や持ち物を盛んに真似して同じものを買おうとする子とか、別の友達と遊んでいる時に割り込んでくるような子、いませんでした?

ここで言う「人脈泥棒」とは、そういうタイプのビジネス版ですかね。(笑)

 

自分の大切な友人関係やビジネス関係の仲間を、前回のブログに書いたようなタイプの人たちには、「絶対に」紹介しないほうがいいです。

 

クライアントの紹介は当然のこと、よく利用している行きつけのお店なども同じです。

 

「人間持ちつ持たれつだから、友人同士やビジネス相手を紹介し合うのは大事なのでは?」

なんて、思いますよね。

もちろん、人を紹介することが悪いわけではありません。

 

世界を広げること、人間関係を繋げていき、多くの視野を持つことで得ることは沢山あります。どんどん交友関係を互いに広げていくべきです。

 

しかし、交友関係や人脈を広げて良い方向に進むと言うのは、それが友人同士や、信頼しあえるビジネス仲間だからこそ気持ちよく成り立つ事であり、だからこそ、互いに助け合える環境を増やし、人脈の輪を広げられるのです。

 

前回例にあげたようなタイプや、人付き合いに利害を優先するようなタイプの人たちは、間違っても「友人」「信頼できるビジネス相手」ではありません。

 

そういった人を、自分の大切なビジネスや友人などの人脈の輪に入れてしまうと、損するどころか、大切な人間関係をひっ掻きまわされてしまう事もあります。

 

それどころか、紹介した自分が責任を問われたり、紹介者として恥ずかしい思いをすることにもなりかねません。

 

誰を紹介するか、ではなく「誰に紹介するか」が大事です。

 

自分の知人を紹介する相手が、信頼できる人であり、誠意ある人であれば、「隣に住む人」のような、相手のビジネスには何の関係もないような人を紹介したとしても、有効に交友関係を繋げ、紹介者である自分にとっても嬉しく感じるような人間関係を保ってくれることでしょう。

 

確実に信頼している相手以外に「誰か紹介して」「どこか行きつけの店紹介して」など言われても、適度にスルーしたほうが良いです。

 

 

「行きつけの店」の紹介も控えるべしという理由としては、お店側の売り上げ面のみを考えると、沢山友人を紹介してお客様を増やす協力をする事は良い事に思えるのですが、接客業は他のお仕事と同じように、大勢のお客様の対応をし、サービスを提供する大変なお仕事です。

 

普通に店を利用するなら良いのですが、「人脈泥棒」や「利害優先」するタイプの人に限って、「〇〇さんの知り合いだからサービスして」というような、店からのサービスを必要以上にテイクしようとする人や、VIP対応を求める人なども多いのです。

初対面で「無償で仕事手伝ってくれない?」という人と同じですね。

 

紹介するのはあくまで自分ですから、自分が同席してなくても安心できるようなタイプの人でないならば、安易な紹介は避けた方が無難。

 

自分が常連である店であれば尚のこと、質の良い、好まれるようなお客さんを紹介したいですよね。紹介先のお店にだって喜ばれたいですから。

 

「一見さんお断り」というのがありますよね。

上客の紹介だから安心して受け入れてくれる、それは信用問題です。

信用できない人は、例えどんな小さな食堂だろうが紹介しないほうがいいです。

 

 

私も少し前までは「君の友人で〇〇ができる人、いないかな?」と言われれば紹介したり、そこそこの軽い付き合いの人でも、自分の友人や仕事仲間に会わせたり交流の席に呼んだりと、人脈や友人を、気にせずバンバン紹介していました。

 

大抵の場合、友情の輪が広がり、互いの人脈も広がり、それらの人たちと気持ちよく関係を保てます。「ファミリーが増えた感」になりますよね。

 

しかし、稀にですが、不愉快な思いで終わることもありました。そんな時は(紹介しなきゃよかった)と、心の狭い思いにかられます・・・

 

よくよく考えたところ、不愉快になってしまう場合って、自分の人脈を紹介してあげた相手の「紹介後の行動パターン」が一致している事に気付いたんです。

 

 

まずは「交友関係や人脈を紹介して良かった!」と思うパターン。

 

良かったパターンのその後。

 

自分の交友関係の大事な人、その人を紹介した相手、そして自分。これら三者、皆の交友関係がその後も変わることなく続きます。

 

良い関係性の中に「プラス1」となるので、当然プラスです。

 

関係を広げた事で互いの視野も広がり、共通の仲間が増える事で、後々の付き合いが楽になる時もありますよね。まとめて集まったりとか。(笑)

 

私も、ビジネス関係のみならず、交友関係で「ウマが合いそうな人同士」を紹介したりもしますが、元々の友人である自分よりも、紹介した同士が仲良くなってしまったり(笑)、お互いの話しが筒抜けだったりする事も出てきますが、それって、むしろ嬉しい事です。

 

やはり、自分の大事な人間関係を紹介して、それが他の友人にも受け入れられたり、好かれたりしていると思えば嬉しいですから。

また誰か他の友人にも会わせたいなーと思ってしまいます。

 

そう思うのも、三者がそれぞれに良い交友関係を保っているからなのです。

 

 

 

そして「紹介しなきゃ良かった!」と思うパターン。

 

  • 自分の人脈や大事な人を紹介したところ、紹介先相手が自分の知らぬ所でその人に粗相をしたことを人伝てに知る。
  • 自分の人脈や大事な人を紹介した瞬間、紹介先相手と自分の交友関係が途絶える。

 

必ず、このパターンです。(苦笑)

 

特に、後者。

これが「人脈泥棒」です。

 

こういった人は、自分にとって利益のありそうな交友関係を持つ人に近付いて、その人脈を得たら、紹介者は用済み。

今までの連絡はなんだったんだ?と言うほどに、自分へのコンタクト回数が静かになります。(笑)

 

そして、こちらが紹介した人からの人脈を更に狙いますので、元々自分の大事な人脈である人も、その「人脈泥棒」から不愉快な思いをさせられる事になります。

 

紹介者としても、心苦しいですよね。

 

また、そういった人は、こちらが紹介した事すら忘れているのが特徴です。翌日から紹介者はスルーで、相手を飲みに誘ってたり、必死で営業をかけていたりします。

 

こう言う人って、本当に存在します。

 

まさに前回のブログのタイプ②に関連するタイプであり、肩書きから肩書きを狙って、どんどんと人の輪を渡り歩いて行くのです。

 

伝手扱いだったんだな、と気づいた時点でその方とは付き合わないほうがいいですが、それ以前に、大事な交友関係は大事な人以外には紹介しないのがベストです。

 

実際に私も、ごく数人ですが、こう言うタイプに出会いました。

精神衛生上悪いですね。

 

何が精神衛生上悪いかと言うと、ギャップ。

決まって、最初の頃(誰かを紹介する前)は、やたら慕ってくれたり、マメにこちらを心配してくれたりするような、一見、好意的な人が多いんですよ。

 

しかし、自分の知人の誰かを紹介した途端に、今度はその知人に媚び媚びになり、一点集中でこちらとは疎遠に。後々、三者で会うという事もないですね。

そして、自分の知人と紹介先相手が1対1で連絡を取るようになった頃、大抵「やらかし」ます。結局は、紹介した自分に噂が回ってくるんですけどね。

 

ですから、交友関係や人脈を広げるとか、たまたま流れでそっち行ったんだよ〜と、いうよりも、完全に「計画的人脈泥棒」なんですよ。(笑)

 

知人を紹介した途端に、ピタッとこちらへの連絡が途絶えたり、その知人から更に人脈を引き出していたり、「私は〇〇さんの友人なんだけど」「〇〇さんって元気ですかねえ」など、都合よく自分の名前を会話の引き出しに使われていたり。

気分良い人はいないでしょう。

 

しかし、なまじ最初の頃が好意的なので、その後のギャップが違いすぎて、それが故意なのかどうかわからなくなるんですよね。

誰かを紹介した後に「バーカ!へへーん!」とか言ってくるわけじゃなし(笑)、本当に、すうっと人脈を盗んではすうっとフェイドアウトしていくだけ。

 

そして、紹介した知人に対しては「好意的な人間の顔」で接している最中なので、(自分が橋渡しした手前)野暮に批判もできないし、何も責めようが無いので、結局は「考えすぎかな?」「なんか自分が悪い事したのかもな?」など、結局は自分の中にしまい込むわけで。

 

で、「心狭いわー」と自己嫌悪に落ち着く。(笑)

 

ある意味、これがデビルかもしれません。

 

明らかに、あるタイプの人に友人達を引き合わせた時だけ、仲間内に不協和音が生じるような、なんか優れない気分になる事は間違いないのに、それは自分の考え過ぎなのか、あるいは利用された自分が悪いのか・・・と、結局、自分の中の追及に終わるわけです。

 

付き合うと必ずそう言う思いにかられてしまうような、そんな人と付き合っていると、知らずに自分のメンタルがやられるかもしれないので、避けた方がいいですね。

 

むしろ、見るからに敵意丸出し!のような人の方が楽かもしれません。

 

明らかに悪人だと最初から避ければ済みますが、一見善人なのに、付き合うと疲れる、関わると後々不信感が拭えないと言うのは、相手の真意もわからないどころか自分の本意すら見抜き難く、忘れた頃に相手が再び現れても受け入れてしまう可能性があります。

 

人脈泥棒さんタイプは、紹介者に対しては必ず不義理で終わりますし、紹介してあげた知人に対しても、不要になったら不義理で終わるんです。

 

言葉を言い換えると、都合よく使われているだけ。そう思いたくないのも人間のサガですが、違和感を感じたら早めに付き合いを遠慮するべきです。

 

そして、大事な人ならば絶対に、信頼できない人には紹介しちゃダメです。

 

 

 

 

タイムリーですが、私の仲間内で以前に粗相をやらかし「要注意」とされている人から連絡があったんです。

 

やはり、他の仕事仲間、何人かにも同じように連絡があったみたいで。

 

新しいビジネスを始めるにあたって、誰か紹介してほしい、知り合いいない?という事だったのですが・・・

過去にその人に「やらかされて」ますからね。ゴメンね!と心で謝りながら、やんわり話しをクローズ。

 

それが、本当に感じのよーい、調子のいい感じで、まるでお茶したばかりの親友のように連絡してくるんですよね・・・

 

他の友人も皆、上手く話しを逸らしたようですが、やっぱり惑わされそうになったみたいです。

 

その人は一見フレンドリーで良さそうに見えるのですが、実は人脈泥棒さん。

仲間内のいろんな人に「誰か紹介して」と訊ねては、人の輪から人の輪を渡り歩き、粗相を繰り返すので、周りから避けられるようになってしまったのですよね。

 

皆が「間違いなくデビルだよね!」「一番仕事をしたくない!」と、口を揃えて苦手とする人なので、今回のお題の中心にしたという次第でした。(汗)

 

自分の知識やアイデアは、どんどん周囲に伝えていくべきだし、そして交友関係や人脈も、積極的に紹介したり、紹介されたり、広げていくべきです。

 

しかし、忘れてはならないのが、それを利用しようとしている人だって、中にはいるという事実です。

 

そして、その存在こそが、あなた自身に負担かけていたり、酷い相手の場合はビジネスの妨げとなっている可能性もあります。

 

恋人を取った取られたと同じで、紹介したのが悪いのか、紹介されて盗んだ方が悪いのか、それとも、単純に当人同士が惹かれあったので仕方がない事なのか、わかりません。

しかし、それが「良い関係」ならば、三者のバランスが崩れるという事はありません。

 

恋人同士の関係が第三者の出現によって崩れる時は、必ず、そこに誰かの何らかの意図があります。

 

ビジネスも同じ、崩れる関係というのは、どこか、誰かに歪みや計画、欲望が存在するから崩れるのであって、それぞれに誠意があったり、好意的に捉えている場合は崩れません。

 

紹介する相手だけではなく、紹介された場合の紹介者も大事かもしれませんよね。

それがもし自分と深く付き合っていない友人だった場合、紹介してくれる人も自分とは違う価値観だったり、少し苦手なタイプだったりするかもしれませんから・・

私はそれで大きく失敗した事があります。(汗)

 

紹介する、紹介されるは慎重に。

万が一、紹介された人が「合わない」と感じたら、角が立たないうちに付き合いをご遠慮しましょう。

 

それぞれが互いに誠意を持って付き合える者同士であれば、自然に個々の付き合いも上手く行き、真の友人同士となり、共通の仲間と化すのだと思います。

 

大事な友人であればある程に、同じくらい大事な人へと交友関係を繋げ、良い仲間、良い輪を広げて行きたいですよね!

 

 

ビジネス上での人間関係が崩れるのは、些細な人脈の紹介から始まっているのかもしれませんよ。

 

 

次回は、逆のパターンとして、『ビジネスで大事にしたい人』のお題でお話しを続けてみたいと思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

 

ビジネスや交友関係で大事にしたいのはこんな人!ついて行きたくなるタイプ5選![タイプ①〜②]