こんにちは。

 

この章では「言葉」と「行動」について、皆さんと一緒に考えていきたいと思い、こちらに意見を述べさせていただいております。

 

前回、後々のその人との人間関係は、初期のやり取りである程度わかるかもしれない、というお話しをさせて頂きました。

 

ちなみに、現在のお話しは、以下リンク記事から始まっております。

お時間ある方はこちらから。

 

言葉で伝えることは大事だけど、最終的には行動を信じるべきだと思う、そんな内容です。

 

 

前の頁でも書いた通り、「言葉」という始まりやきっかけがあって、それに「行動」が伴うことで真実が生まれ、その真実から始まる過程の中で言葉を有効に使えば、その言葉によって奇跡を起こせることもあるかも?と言うお話しではあるのですが・・・

 

実際には、行動に起こすのって難しいですよねえ。

 

有言実行って難しいです。

 

ただ、人間関係において、一度相手に「有言実行」のインパクトを与えると、その後も、その相手からの信用度はかなり上がります。

 

仕事でなんかすごいことをやってやろう!とか、あまりに大き過ぎることではなく、「お茶しようよ」の程度でいいと、私は思うのです。

 

不思議なことに、出会ってまもない頃に、「お茶しようね!」「会おうね!」などと言って、本当にそれが実現する相手とは、関係が続くものなのですよ。

 

お茶をしたから関係が続くのではなく、その最初の有言実行だけで相手に対してポジティブな印象を持ってしまうので、無意識的に自分のデータの中の「友達」「約束守る人」みたいなBOXに仕分けられるのではないかと。

そして、その人の印象がよくなり、また会いたくなる。

 

ただ、人間には本来の自分のペースというものがありますから、出会ったばかりの興奮状態の時期には素早くやり取りをしていても、交友関係を続けていくうちに、徐々に「ごめん!今忙しくて、また今度!」と言う風に、臨機応変にペースを保ちながら交友関係を築くようにはなるのですが。

 

それはお互いの本来のペースに戻っていくだけのことですので、永久的に相手の誘いを断ることもなくお茶をし続ける必要はないわけです。(笑)

 

ただ、ここで注意をしたいのは「最初は月一でお茶してたのに!」「レスも早かったのに!」なんて、その当初のペースを期待し続け、相手にそれを義務化させる事は、相手にとって脅威の存在になる可能性もあるので、やめましょう。

 

最初の頃は、お互いにその相手を優先し、できるだけ早い段階で会って話して、少しでも親しくなっておきたいと思うわけですが、そこでリアルな友人関係のきっかけを作っておけば、そのあとは、仕事だとか、趣味だとか、優先順位が変わることがあって当然かなと思います。

 

人間関係において一番大事なのは、やはり初期のやり取りとその行動。

 

自分が仲良くなりたい相手の場合は、その相手と知り合って間もない頃の、一番最初だけは、メールのやり取りや、何か約束をしたらその行動に移すと言うことを、できるだけ素早く行った方が良いと思います。

 

 

ただ、時々、混乱することもありまして。

なぜなら、メール(SNSなどを含む連絡ツール)というのは、相手の真意を読むことができるようで、できない場合もありますよね。

これが、言葉のトリックなのかなと。

 

例えば、メールで「お茶しよう」「うん、しよう!」「いつがいい?」と言うやり取りをいくら素早くしたところで、それが行動に移らない場合、それは「NO」という事になります。

 

レスが来ない・・・なんて言うのは、もちろんその時点でアウト!にも思えるのですが、ところが、一方的に投げておいた約束が守られたりすると、「YES」になります。

 

連絡した相手から全くアクションがなかったら、その時点でそこから(相手から)離れた方が、時間の節約にはなるわけなので、レスも何もなければ、もうスルーしていいと思いますが、そう言った場合でも、稀に、突然相手がポジティブな行動を起こしたりする場合もあるのです。

 

「メール見てないでしょ!」「聞いてないやん!」なんて思っていたのが実は、ちゃんと読んでいた、ちゃんと聞いていた・・と言うわけです。

 

わからないですよね・・・相手の本当の気持ちって相手にしかわかりませんから。

 

この場合は「言葉」はないわけなので、つまりは、テクノロジーのトリックになります。

 

初期のやり取りで素早くメールのやり取りをした方が、確実に好感度も信用度もアップはするんだけども、それだけではわからない。

 

じゃあ、どこでわかるのかと言うと、行動になるのです。

 

 

気持ちを知りたいなら、相手の言葉よりも、行動を記憶しよう!

 

相手の言葉をやたらと覚えていたりする人が(特に女性には)多いと思うのですが、言葉を覚えるよりも、相手の行動を覚えていた方が確実です。

 

以前に奇跡の話しをした際に「食卓で奇跡を起こす実験をしてみましょう!」と言う話しをしましたが、仮にその食卓の料理が美味しくなかったとしても、「おいしいおいしい!」と相手に言い続ければ、食事を作った相手は喜び、実際に、相手はその言葉をまた聞きたいために料理が上達することもあるのです。

 

まさにそれが言葉のパワーで、奇跡を起こすことも可能であり、悪く言うと人を翻弄させることも可能であると言うこと。

 

で、あれば、ポジティブな言葉を発しましょう、と、そう言った結論にはなるのですが、あくまで私たちが覚えておくべきことは、相手を信用するか否かを言葉だけで判断してはいけないと言う事ですよね。

 

私自身も、過去に仕事で言葉に翻弄されたことがありました。

結果、その言葉を信じた自分が馬鹿だった・・と言うことだったのですが、それに気づくまでに結構時間がかかりましたね。なぜなら、やっぱり「信じたい!」と思うわけですよ。

 

でも、その言葉を放った相手の行動を思い返してみると、言ってる事と行動が全く伴ってないことに気づくのです。

 

後になって冷静になればわかることなのに、その最中はどうしても、その言葉を都合の良いように解釈してしまうのですよね、人間って。

 

ですから、人間関係をより良くしたい・・つまり、人間関係の中である程度の無駄や執着を省きたい、自分にとって悪い人からは離れたいと思う場合は、相手の行動をインプットしてゆくことをお勧めします。

 

簡単なことのようで、私たちはついつい、言葉ばかりを思い出したり、信じたりしてしまいます。

 

「本当はどう思ってるんだろう?」

そんな時は、相手の行動を冷静に思い出すようにしたい!と、思います。

 

例えばこう言うのも同じ。

なんだか知らないけど自分が困ったときに必ず近くにいる、とか。

そんなに頻繁に連絡を取っているわけでも無いのに、なぜかよく会うとか。

これって、やはり相手が自分のことを考えているから、もしくは、自分が相手を必要としているので、無意識のうちに何故かお互いの行動が一致するわけで。

 

行動の先に相手も行動しているというのも、結局は行動。

他には・・

普段全く連絡が取れない作家さんでも、締め切りには必ず間に合わせる。信用できますよね。

 

普段は全くメールも電話も無いのに、年に一回、年末には必ず実家に顔を出したり、誕生日には花を送ってくる娘や息子。メールで調子のいいことばかり言って、全然顔を見せてくれない子よりも、ずっと思ってくれてますよね。

パーティーやライブの招待状をメールしても、レスポンスすらないのに、当日必ず会場に来てくれている。気持ちが伝わります。VIP客決定です。(笑)

 

行動は相手からの無言のメッセージ

 

逆にタチが悪いのが、以前の記事にも書いたように「いくいく」「やるやる」と言って、行動に移さないタイプ。

その言葉だけを信じると、まさに言葉に翻弄されてしまいます。

 

言葉のパワーがネガティブに働いてしまうと、それを信じた方は「やるって言ったのにやらないじゃん!」「もう信用できない!」と、ひどい時には人間不信になったりすることもあるわけです。

 

でも、冷静に考えてみると、その言葉を信じていた自分が悪いと言う結論になります。

数週間そこらの「いくいく」「やるやる」ならば、ある程度信じてもいいと思うのですが、一定の期間をすぎてもそこに執着するのは無意味です。

 

以前に書いた留学3ヶ月説を思い出していただけたら。

3ヶ月待って行動に移さない相手には、期待をするのはやめましょう。

お茶しよう、ご飯しようでも同じ。

 

物理的に不可能な場合を除き、しようしようと話したり、待ったりするのは、どんなに忙しい相手でも百歩譲って3ヶ月くらい。それ以上かかるならば、もはやそれは「お茶もご飯も自分とはしたくないんだな」と言われているようなものなんです。

 

行動は相手からの無言のメッセージですから。

言葉がYESでも、行動がNOと示しているなら、それは相手のデータ内の友人BOXに自分が存在しない、くらいに考えた方が、楽かなと私は思っています。

 

逆に、言葉がNOでも行動がYESな人もいますから、一度周りを観察してみると面白いですよ。

 

私の信頼できる仲間から例をあげると、イタリア友人の中のひとりがこのタイプで。

その子は、私がイタリア入りする際に、必ず空港に迎えにくるのです。(笑)

と、言うのも、さりげなくフライト到着時間を聞かれたりするんですよね。それで詳細のレスポンスを返したりするのですが、その先は何の音沙汰もなし。

 

元々、イタリア人というのはおもてなし大好きな民族であり、仲の良い友達は「皆ファミリー!」と考えるのが普通なのです。

ですから、彼らは、頼れば頼るだけ喜ぶし、頼らなくても勝手に助けてくれたり、おもてなしをしてくれますし、逆に言うと、向こうからも同じくらいに頼られたり甘えたりが多いので、たまにそれが重い時もありますが。(笑)

 

その子が空港に迎えにくるのは「空港から市街地まで移動するのにお金がかかるだろうし、友達の自分ができることをするのは当然」と、言う理由なのです。

かなり親切ですよね!

 

でも、一応「来るなら連絡くらいくださいよ~」「もし空港で会えなかったらどうするんだ?」なんて思うのですが、その子の場合は、質問が来るだけで、その確認連絡みたいなのは無いんですよね。(笑)

 

これが例えば他の仲間であれば、前日に「〇時だよね?」「迎えに行こうか?」なんて、確認のやり取りがあったりするのですが、そう言ったのは一切なし。

私も、迎えにきて欲しいわけでは無いので、迎えに来てくださいとも言いませんし、逆に友達からそう言われたら、気を使うので断ります。

 

ですが、その友人は、到着すると必ず空港にいます。しかも、時間ぴったりに物凄く目立つ場所にいるのです。

 

他の場合でも同じで、「今度、いついつに仕事ね!」と、軽く振られるのですが、詳細確認とか、前日確認だとか、密な連絡は一切ないので、かなり不安になります。

 

しかし、その約束が破られたことや、時間が遅れたことなどが、全く無いのですよ。

もちろん、締め切りや、こちらからリクエストしたことなども、返答の音沙汰は無いものの(笑)必ず守ってくれるのです。

 

要するに、こちらが「どうかな?」程度に、様子うかがいで遠慮しながら話しを振ったことが、全て実行されているのです。

 

そう言うのを何年も、何年も繰り返しているので・・・

今や、その他のマメにコンタクトを取る友人たちよりもダントツで信頼度が高いです。(笑)

 

 

 

まずはティーパーティーから?

 

色々思い返しても、信頼とは、やっぱり行動なんですよね!

 

上に例をあげた以外の話しですが、イギリスの仲良しの友人に、私が「今度、いついつに休みを取って日本に帰るんだ~」なんて話したら、「じゃあ、その時期に自分も日本に旅行いくよ。日本で遊ぼう!」と言われたことがあったのですが・・・

私が到着して直後くらいに「自分も成田についた」みたいなメールがきて、驚いたことがありました。

 

仲の良い友達じゃなければちょっと怖いですけどね。(笑)ただ、仲の良い友人なので、嬉しいですよ。口だけじゃ無かったんだな~って、ただそれだけで、信頼度がアップしましたよね。

 

これは逆の立場になりますが、かなり以前、イギリスでバンドをやってる友人たちが、日本のフェスに出演するために来日することがあったんですよ。

「現地(日本)にも通訳はいるしスタッフもいる、でも、親しい君に日本でアテンドしてもらえたら嬉しい。その時期に帰国はしないのかな?」と、その友人たちにお願いをされたのですが、全くその予定もなかったんで、断ったんです。

 

でも、よくよく考えたら、自分も帰省したいし、会いたい友達もいるしなあ、なんて考えて、彼らの来日に合わせて日本に帰国しました。

それからは、それ以上に仲の良い友人になりましたね。私はただ、帰国ついでに友人たちの観光やアテンドに付き合っただけ、と言う感覚だったのですが、友人たちに言わせれば「お願いを聞いてくれた!」「約束を守ってくれた!」と思うわけです。

 

一緒に遊んだだけなのに、株が上がってラッキーですよね。(笑)

 

 

きっと、人間同士の信頼って、そんな些細なところから始まるものなのかなあと思います。

 

だから、お茶しよう、そんな些細な約束だろうとも、行動に移した方が絶対にいいのです。

 

言葉のパワーを有効に使って、ポジティブな言葉をどんどん発すれば、相手の気持ちや注意をこちらに向けさせることはできます。

 

だけど、それが実際にリアルとして受け止められるのは、行動を起こし、それを実現させてからです。

 

リアルな世界で信頼を生むきっかけは簡単。

今すぐ、「お茶しようぜ」を実行しましょう!

 

余談ですが、私は仲間内と「Let’s Tea Party!」と、ちょっとふざけて話したりします。(笑)

なんとなく「パーティー」という言葉がつくと、特別感が出るというか、女性って喜ぶでしょ。女子会的な。(笑)

 

ティーパーティーしましょ、みたいなね。

 

まず、一杯のお茶から初めてみませんか。

How about cuppa?

 

ご一読ありがとうございました。