物事の終わりに、きちっとケジメをつけるって大事ですね。

終わりよければすべてよし。

本当にそう思います。

改めて、自分も気をつけなければと、つくづく思う今日この頃。

 

All’s well that ends well, still the fine’s the crown.

Whatever the course, the end is the renown.

 

William Shakespeare

“All’s Well That Ends Well” 1603-04.

 

終わり良ければ全て良し。依然として王冠なのです。

どんな経過/成り行きがあろうとも、最後は名声です。

 

-ウィリアム・シェイクスピア

「終わりよければすべてよし」1603-04

 

一般的に訳されている文章ではなく、直訳風にするとなんだかちょっと皮肉な感じですね。実際に皮肉な物語と言われてはいますが・・

日本のことわざの「終わり良ければすべてよし」の語源はこのシェイクスピアの一節ですよね!

 

経過が何であれ、最終的な結果が大事だよーと、読んで字の如く、大変、ポジティブな言葉として使われていますよね。

しかし一方で、最初が肝心とも言います。スタートがよければその後もトントン拍子にうまく行くことって多いですよね。

 

仕事の場合は、最初の出だしが良いほど、結果がうまく行く事が多いような気がします。

 

 

以前にお話しした、行動話しと同じで、ミーティング、ミーティングを繰り返すよりも、ささっとオファーしたり行動を起こし、パパパッと進んでいく方が、うまく展開していきますし、結果にたどり着くまでの時間も節約できます。

 

 

 

あれやろう、これやろうと考えてることって、全く進みませんもん・・

それらを、言うだけ言っても、行動に移さなければ、意味もなくなる。

 

勢いだけで行動した事の方が、結果的に成し遂げたという感じになってるような気もします。

 

人間関係でも、最初の印象は肝心です。最初だけは気合入れて、うまく交友関係をつなげた方がいいですよね。

 

しかし、それはあくまで、良い入り口へのきっかけに過ぎないわけで、こと人間関係においては、最初が良くても後で悪くなったり、最初が悪いのに、後でよくなったりするわけですから、難しいですよね。

 

初対面の相手に対して「うわっ、なんだか凄く嫌な感じ!」と思ったとしても、付き合ってみると良い人だったり、その結果もよかったり。そういうこともあります。

 

これこそ、終わりよければ全てよし。

 

 

 

おかしなもので、最初の印象が悪くて後が良かった方が、最初から最後まで「普通に良い人」というよりも、印象が数倍よくなりますよね。

 

反対に、初対面ですごく感じが良い人が、後々最悪であれば・・・

そちらの方が、悪い印象しか残りません。

 

結論から言えば、最初も最後も、どちらも普通で良いような気がしますよね。

 

その方が楽。無駄な期待もせず、期待を裏切られることもない。

そう言ってしまうと話しが終わってしまいますので、続けます。(笑)

 

初めての「終わりよし」経験

 

「終わり良ければすべてよし」の、初めての実感としては、私が10代の時にはじめてバイトした先で体験しました。

 

バイト先に、すごく嫌われ者の21歳のお姉さん社員がいたのです。でも、すごく美人でしたよ。(笑)

ある日、誰に対しても見下すような態度をとる彼女が職場を辞めると聞いた時、職場の誰もが心の中でほっ、としたものです。

 

彼女の退社の当日、当然ながら花束などの用意も無く、誰からも一言の労いもなかったんです。

もちろん、送別会などもありません。

 

彼女は、普段と変わらない1日を終え、その職場を永遠に後にすることになってしまうのです。

 

短時間勤務の、いちアルバイト員だった私は、先に終業時間をむかえその場を離れたのですが、帰りの電車に乗った後、何かこう、切ない気持ちが湧き上がってきましてね。

 

まだ純粋でしたから。(笑)

 

思わず一駅で降車し、周辺の店でピアスを購入してバイト先に戻ったんですよ。

 

「〇〇さん、渡し忘れてたんだけど、これ・・・今までお世話になりました。お疲れ様でした。」

 

そう嘘をついて、買ったばかりのプレゼントを渡し、笑顔と握手でお別れしました。

 

たったそれだけのことなのですが、それ以降、やめたお姉さんは頻繁に私を訪ねる名目で旧職場を訪れ、その度に「スタッフ皆でどうぞ」と、差し入れを持って来るように。

 

当然、周りも(あの人、実はいい人だったんじゃん)となるわけで。

 

彼女が辞めた後になってから、その場の全ての人間関係が穏やかになったのです。

 

たった一言、親切な声をかけた子がいただけで(当時の私です!笑)その意地悪だったお姉さんの心が解けたのかも?しれません。

 

もちろん私も、そのお姉さんに好かれたおかげで、ずいぶん得をしました。(笑)

 

もし、あのまま私もお別れの言葉すら言わず、誰も何も言わなければ、彼女の印象は皆から「ただの嫌われ者」として残ったまま。そして彼女も二度と旧職場の人たちと交流を持つことはなかったでしょう。

 

実のところ、それまでは私も彼女の事は嫌いでした。(笑)

 

でも、後になって、その30分そこらの時間を惜しまなかったこと、本当に良かったと思いました。

 

けじめっていうのかな。

 

物事を何か終えた時、その事に対しての喜びや労いを言葉で伝え合うこと、つまり挨拶。これはけじめだと思います。

 

仮に何か嫌な過程があったとしても、最後は笑顔で終えることで全てが良い思い出と変わります。

 

 

一手間を惜しまず、挨拶をすると得をする!

 

もちろん、逆もありますよ!

 

終わりや別れにきちっとけじめをつけなかったことも。

 

若さゆえの、面倒臭いからいいや、みたいな感じですよね。多分、それだけのことだったと思うんです。

 

それでも、時間が経った後で、自分の方が後悔しますよね。何でお礼を伝える一手間を惜しんだんだろうと。ガキだったなあと。

 

逆の立場で、親切心と好意だけで物凄く協力したのに、不義理をされたこともあります。

自分がその立場になると、やっぱり、イラッ、ムカッ!としてしまうわけで。もう二度とあの子は手伝わない!と、思っちゃうわけですね。

 

でも、挨拶も人情も無く物事を終えたって、例えば、もし相手が本当に自分に害を及ぼすような人間であれば、それでもいいと思います。

 

個人的な意見では、嫌いな人とは付き合う必要はないと思ってます。ストレスの素は、好きでもない人間と無理して付き合うことなので。

 

でも、時間を割いて頂いたとか、例えばご馳走になったとか手土産をもらったとかでも、少しでも相手にお世話になった事実があるのならば、別れの際には感謝を伝えるべき。伝え忘れたなら、後でメールを送るだけでも違います。

 

その少しの手間を流してしまったなら、再会という希望は消えます。

もしかしたら、未来のその先に、その人との何かの可能性があるかもしれません。

 

それがもし友達であったならば、その縁は確実に遠くなってしまいます。

 

面倒臭いなあ、という程度のその場の軽い感情で、その一手間を惜しんでしまったら、後で後悔するかなと。

 

そう思っていても忘れてしまう時だってあるわけですが・・

 

その時は、気づいた時に伝えればいいだけのこと。

 

悔やんだ後で自分が行動を起こしても、相手から何も返ってこないかもしれません。

 

その時こそは、ああ、そういう相手だった、ハイさようならと、スルッと忘れる。きっと、相手の方が後で恥ずかしい思いになります。

 

自分が最後にポジティブになることで、自分の気持ちだけはスッキリさせた方が、お得です。

 

現在から一番近い記憶と情報は大きなインパクトを与える

人間、最後の最後に印象が良ければ、それまでの過程で何があったとしても、悪い印象は全く残りません。

 

別れに限らず、長年憎み合う仲だったとしても、和解したきっかけで、それ以降はかけがえのない親友になることだってあります。

 

一番近い過去の記憶や情報は、私たちに一番大きなインパクトを与えます。

 

過去がどれだけ惨めでも、昨日奇跡が起これば、明日からは素晴らしい日になるような心持ちになります。

過去にどれだけ華やかな栄光があっても、1週間前が地獄であれば、明日も明後日も地獄なのではと思ってしまいます。

 

人間関係でも、過去の関係はどうでもよし。明日からの人間関係を左右するのは、その相手に対する一番近い記憶と情報です。

 

これが例え嘘の情報であっても、私たちはすっかり騙されてしまいます。

 

本当はすっごく嫌な仕事でもう二度とイヤなんだけども、最後は物凄く明るい笑顔で感謝を沢山沢山、相手に伝える。そんなことされたら、された方は、嬉しいとしか感じません。(笑)

 

逆に、自分が相手に対してネガティブな表現を全く意図していなかったとしても、相手が最後にそう捉えてしまったら、次に会うチャンスを失いかねません。

 

最後だけは重要です。

 

それは、職場や学校、場所や旅先など、そこを離れる際の大きな別れの時だけではなく、普段の茶飲み友達とのバイバイも同じかと思います。

 

別れるタイミングの、その時の印象。

 

これだけが、自分が、最後の最後に相手からジャッジされる判断基準だと思って大事にした方がいいです。

 

 

別れの大切さを寅さんに学ぶ

 

普段の小さな別れから大きな別れも大切ですが、人生の別れも同じですよね。

 

「男はつらいよ」の寅さんは、成れの果てのような(すみませんこんな表現をして)人生を送っている渡世人ですが、山田監督の別れの画き方というのが、地味に素晴らしいです。

 

はい、地味に素晴らしいのです!(笑)

 

そこも映画で伝えたいメッセージの一つなんだろうけど、そこは、さりげなく語っている感じです。

 

振られてばっかり、喧嘩ばかりして、勢いで旅の空へ出ていく寅さんですが、実は、別れのけじめはきちんとしているのですヨ。

 

(喧嘩をしていなければ)「そろそろ旅へ出るからよう!」「先生も達者でな!」と必ず相手に伝えます。

そうでない(喧嘩して別れたり、無言で消えたりした)場合でも、必ず「反省」の文字に加え、相手の身を案ずる内容の書き置きを残します。

 

喧嘩別れした家族には、必ず旅先から、反省、謝罪、そして家族を思う言葉の入った葉書を送るのです。

映画の最後をシメるシーンですね。

 

喜劇であり悲劇な物語なのに、ハッピーな気持ちで幕を閉じる。

 

それは終わりがとても美しいから。

 

寅さんは社会には不適合な人間かもしれませんが、人間の根本的な情愛に関しては誰よりも長けているとでもいうか、それが人間の一番大切なことだと、それだけは大事にしているのです。と、いうことなのではないかと思います。

 

あと、寅さんは、葬式の準備に力を入れたり、先祖や世話になった人の墓参りだけは欠かさないという一面もあります。シリーズのマニアであれば、誰でも知ってる有名なことですよね。

 

旅暮らしの寅さんは、毎日が一期一会の出会いです。

 

そこからしばし付き合いが続いても、旅鴉の寅さんは、いずれは「俺は出ていく旅の空」。

 

いつかは別れが訪れる事を感じながら、その一瞬一瞬の時間を大切に、馬鹿をやりながら精一杯楽しみます。

 

そんな寅さん、身近な人間への義理は欠かしません。

世話になった親分が旅立ったり、仲間が旅立ったらその女房子供の心配をし、どこにいようが遠方まで最後のお別れに行くのです。

 

別れを日々惜しみながら生きる寅さんだからこそ、人生の最後の別れの場がいかに大事であるかをわかっているのでしょう。

 

粋だねえ!

 

ちなみに私は寅さんに憧れているわけでは無く、どちらかといえば同じ類のため肩入れしていますが、こと人情面以外は推奨はしないほどのかなりクレイジーな人生を歩いている方です。・・・と、いう事がこの映画の本当のテーマでは無いかと思っています。

 

寅さん像に純粋に憧れ笑える方は、本当の人間の暮らしというものをごく普通に過ごせている幸福な人であったりするのです。

 

幸福というのは箍が外れてしまってはだめなんです。

 

この話しはまた別の機会にしましょう!

 

つくづく、終わりよければ全て良しとは、まさにその通りだなあと、思うこの頃です。

 

ご一読ありがとうございます。