今回は、ブルーズのジャムセッション(以下、ジャムと省略します)参加へ向けての準備の一つとして、ブルーズジャム参加にあたり、必要最低限、把握しておくべき「決め事」についてを語っていきましょう!

 

ブルーズジャムについての心構えやお勧めポイントは、よろしければこちらの記事もご覧ください。

 

ブルーズジャムって敷居が高い?実はブルーズはとっても身近な存在でもあるのです!

 

さて、前回の記事の最後に書いた、ブルーズの基本的な「決め事」ってなんでしょう。

 

ミュージシャンの方ならば、「はいはい、知ってる知ってる」ってなると思います。初心者でも、楽器奏者の方なら、なんとなくわかりますよね。

 

はい、では、歌手志望の方で、右も左もわからない!と言う方へ、その「決め事」を、楽器未経験のビギナーボーカリストでもわかり易い言葉でお伝えします!

 

ジャム参加のために必要な、ブルーズの基本的な決め事・・・と、くれば、それは、「構成」のことですね!

 

 

ブルーズの基本の構成は、「12小節、3コード」です。一応、ここでは海外でのジャム参加を目標としてますので、英語で言ってみましょう。

 

「Songs with Twelve bars and three chords.(トゥエルヴ バース、スリー コーズの曲)」

 

小節のことを、Bar(バー)と言います。12小節なので、Barsですね。これ、単純なワードであり、ミュージシャンであれば誰しもが使ってるのですぐに覚えると思いますが、初歩的な単語として覚えておくと良いです。

「あれあれ?小節って何て言うんだっけ?」と、なるときもあるかも?しれないので、小節の事は、バー、と日頃より使っておきましょう。

 

海外目的ではなくても、日本で使用していても「あれっ、なんかコイツ、プロっぽいじゃん!」って、なりますよ。相手がミュージシャンであればわかりますので、ご安心を!

 

コードに関しては、皆さんご存知ですよね。和音のこと、つまり、弦楽器をジャラーンと鳴らすと、異なる音が重なって綺麗なハーモニーになりますよね。これも、二つ以上のコードを使う時は当然複数形になりますので、Chordsになります。

 

スコアなどに打たれているアルファベット、Aとか、Eとか、Bmとか書かれてある、あれですね!

 

コードの事はご存知である事を前提に、お話ししていきます。

 

理論上、ブルーズの転回は(基本的には)決まっている

 

ブルーズは、基本的に、I(トニック)、IV(サブドミナント)、V(ドミナント)、という3コードのみで、12小節を演奏する構成になっています。

 

つまり、この12小節を一周まわると、ワンコーラス(歌詞がついている曲で言うと、一番の歌詞が終わった)と言う事になります。

 

「C」のスケールでいうと、I = 1 として、C、D、E、F、G、A、B 、と、「C」のメジャー・スケールを並べてみて、番号を振ってみます。この中から、1と4と5を引っ張ってくると、I(C)、IV(F)、V(G)ですよね。つまり、キー「C」のブルーズを歌うならば、「C」と「F」と「G」の、3つのコードだけで演奏されるという事です。

 

構成は、こんな感じになります。

| I(C)  | I(C)または IV(F) | I(C) | I(C) |
| IV(F)| IV(F) | I(C) | I(C) |
| V(G) | IV(F) | I(C) | V(G)|

 

この構成(I、IV、Vの順列)が変わることはありません。ブルーズでは、これが延々とループされるわけです。例えば以下のようなイメージですね。

 

一番の歌詞が終わった(12小節が終わった)→ ふりだしに戻る → 次の12小節は所謂「間奏」→ ふりだしに戻る → 二番の歌詞(ブルーズの場合は大体が同じ歌詞)に続く → ふりだしに戻る → 再び間奏?→ 適当にこのループを繰り返し、エンディング・・・

 

この構成は皆が解釈している事なので、ジャムでは、このブルーズの基本構成を利用して、皆が遊ぶわけです。

つまり、ボーカルまたはギターボーカルが一番の歌詞を歌った後、「間奏」の部分で、楽器のソロ(アドリブ)回しをやるんですね。

 

歌い終わりかけたバンマス(ボーカルかギターボーカル)が、(次は君の番だよ!)と、合図を送ります。次にソロを仕切ってほしい楽器に目配せや身振りなどで「振る」のです。

 

その順番を受けて演奏した楽器が、また次の楽器へとソロを振ります。(基本的にはバンマスが指示を出しますが、奏者同士で振ることも時にあります。)

 

最終的に、バンドの奏者達が十分にソロ時間を演奏し終わったら、そのソロ権利(笑)がバンマスであるボーカルに戻ってきます。

 

それを受けて、再び歌唱に戻り、あとは(エンディング入りますよ)と周りの奏者に合図を送り、バーン!と締めるのです。

 

 

バンドのお父さん、お母さんには確認必須!

 

大抵は、こんな感じのジャム展開になります。

ラスト4Bars(最後の4小節をイントロとして使う)→ ボーカル歌唱 → ソロ(ギター1)→ ソロ(ギター2)→ ソロ(サックスやハープなどのオプション楽器がある場合)→ ソロ(ベース・但し、承諾が必要)→ ソロ(ドラム・但し、承諾が必要)→ ボーカル歌唱 → エンディング 

 

ギターの場合は、12小節で終わらず、24小節くらい演る場合がほとんどです。それ以上もあります。

そこは、盛り上がりや全体のバランスでやって頂けるので、ボーカルさんは全てを預けてお任せしちゃってください。

 

そこで「自分が自分が!」と、延々と演奏をやめない方がいたらどうしよう・・・なんて心配するかもしれませんが、皆が全体の演奏時間などを見越して、自分ばかりが主役にならずに、周りも考え、バランスよくやってくれます。そんな方は滅多にいません。

 

ブルーズは、ほとんどと言って良いほど、ギターが最大の見せ場の音楽です。ギターこそがブルーズと言っても過言ではないくらいです。くれぐれも、ギタリストさんのソロの場を潰すような野暮な事はしませんよう。(笑)

 

ハープやサックスなどの、その他オプション楽器の奏者さんがジャムに入ってくる事があれば、必ずソロは回してください。そのために来られておりますので!

 

ベースとドラムに関しては、これは、その時の状況や、曲などによって変わります。ベーシストやドラマーさんが、アドリブやろうかな、と思えばやりますし、逆にいうと、やりたくないな、という場合もあります。そういう方も結構いるんですよ。

 

 

また、バンドのお父さん、お母さんとも呼ばれる立ち位置にいる、音の要的存在であり、根元をしっかりと支えてくれるベースとドラムは、その奏者も同じく、縁の下の力持ち的な人格の方が多いです。

 

1曲のトータルで見て、全体的に(例えばボーカルやギタリストが)走ってしまったり、ちょっと全体的に長々ソロ回しをやりすぎたかな、なんていう時などなど・・・「自分は遠慮してエンディングに入った方がバランスがいいかもな」なんて考えて、あえてソロを遠慮される場合もあるのです。

 

ベースとドラムは、ソロ回しが最後に振られ、曲の後半はリズム隊でバシッ!と締められることが多いです。ですので、まさしく全体バランスであえてソロをやらない場合もあるんですね。

 

まさにお父さん、お母さんですよね。

 

ベーシストやドラマーにソロを振る前は、必ず、ソロを振る前に(やる?)という感じの目配せを送って、意思確認をしてください。

 

(うん)という感じの目配せや仕草をしてくれますんで、そうしたら、堂々とソロを振りましょう。

 

いきなりベーシストを指差して、「ハイ!次、あなた!」なんて感じの、無粋な真似はNGです!

 

また、これは絶対的にソロ回しに入る、ギタリストや、ハープなどの楽器奏者さん相手でも同じです。「ハイ!次!」のように、いきなり上から指示を送って良いのは、キング・オブ・ソウルこと、ジャムの帝王(故)JBくらいです。(笑)

 

(次やる?)という感じの目配せを、どの奏者にも送ってください。ギターが2本あれば、どちらが先にソロをやるか、っていうのもありますよね。ですから、(どっち?)みたいな合図を送れば、ギタリスト同士で(ボクからいい?)なんて風に、やりとりして決めてくれます。

 

何より、コミュニケーションです!

 

 

ジャムで大事なのは、何よりもコミュニケーション

 

バンドは家族です。

 

ジャムでは、その1ステージ限り、つまりそれが3曲ならば3曲限り、1曲ならば1曲限りのご縁です。

 

それまで、話した事もなく、初めて会った相手が、同じジャムのステージに呼ばれ、即興で共演する事になります。

 

それでも、そのステージでは、バンド仲間であり、家族なのです。

 

その場限りの相手でも、そこにいる相手が大親友であり、家族だと思って、お互いにリスペクトし、誠意ある対応をする事が、良いジャムをするための、何より一番大事な事です。

 

演奏前の挨拶から始まり、テンポやキーの指示、演奏中のソロ回しや、その順番の配慮。これら全てが大切なコミュニケーションであり、セッションがうまくいくかどうかは、全て、コミュニケーション次第。

 

その全てがバンマスの肩にのしかかっています。

 

とは言っても、何もすごい事をする必要はないのです。ジャム会場には初心者は沢山います。

皆が純粋に演奏を楽しみに来てるだけなのですから、ブルーズのキングやクイーンか!の如く、明確でアメイジングな指揮を取ろうなんて、いきなり思う必要は全くなし。

 

純粋に、組んだ奏者を思う心でいれば良いだけです。

 

人間関係がギスギスしている職場は、作業も円滑に回りませんよね。

 

そして、ギスギスしてしまう場合は、その組織や集団の中の、どこかに一人、その原因となるネガティブインパクトを与える人物がいるはずです。悪い影響を与える人間がいたら、その影響を受けた人間も悪くなる、それが道理というものですから・・・

 

それが、その中心の人物であれば、もう、ダメダメ!ですよね。

 

ジャムも同じく、まず、バンマスであるボーカリストが(ギターボーカルがいないセッションの場合は、必然的にボーカルがバンマスとして指示を出さなければなりません)その周りの奏者に愛される中心人物とならなければなりません。

 

極端な話し、バンマスの歌や演奏が下手でも良いのです。

 

技術面で必要なのは、冒頭でお話しした、「決め事」を把握しておく事。それについていける事です。

 

セッションの「和」を乱すことなく、空気感を感じられる人間であり、何より皆と一緒にセッションすることを喜んでいる雰囲気があれば、バンマスは愛され、それは良い演奏に繋がり、良い演奏は良い歌を歌えるように引き上げてくれます。

 

つまりは、バンマスこそが、自分が自分が!とはならない事です。

 

まずは王道のキーで、歌える(演奏できる)曲を探そう!

 

いかがでしょうか。

参加に向けて、気分が上がってきませんか?

 

ブルーズの決め事を把握し、コミュニケーションが出来れば、あとは、多少ミスしようが、緊張して歌詞を間違えようが、大丈夫です。

奏者の皆さんもカヴァーしてくれますし、もし失敗!となっても、それはそれで、ジャムの醍醐味として楽しいものですよ。

 

あと、ボーカリストの方は、参加前に、自身のキーを把握しておく必要があります。

 

キーの把握、というと難しいですが、単純に、冒頭の「決め事」を、自分の歌いたいキーに置き換え、スケールにI、IV、Vを当てはめてみて、その転回を把握しておけば良いだけです。

 

ちなみに、「C」でシンプルにご説明しましたが、ブルーズで(奏者に)喜ばれるキーは、「E」、「A」(AmやA7など)、「Bm」あたりです。

 

この辺のキーであれば、組んだ奏者の皆がウェルカムであると思います。

Aブルーズ、やろうやろう!となります。定番中の定番ですよね。

 

F♯とか、いきなりややこしいのはやめた方がいいです。ややこしいという訳ではないのですが、つまりは、ブルーズのジャムは、お気軽に来ている方も多いので、普段から弾き慣れているコード転回、お決まりのブルーズ音階などが喜ばれるのです。アドリブの引き出しも多いですからね!

誰しもが、どうせ演るなら、スムーズに格好良く出来る方がいいに決まってます。

 

ボーカリストは、これまで練習してきたように「この曲歌いたいなあ」という選択から入らず、まずは、これらのキーから、自分が歌えるブルーズ曲を探せば良いと思います。

 

つまりは、相手に合わせる事から始めるのです。合わせて入ることで、周りも自分に合わせてくれます。

自己主張して「これが歌いたい!」って推すよりも、周りが楽しく演奏してくれる曲を選び、参加することで、ずっと良い歌が歌えますよ。

 

 

ちなみに、これはジャムのお話しですので、自分自身のバンドやオリジナルの音楽性の中では、自己主張はしてください。(笑)それでもやはり、協調性や、音の共鳴を求めることは大事ですよね。

 

また、ハープや管楽器、ヴァイオリン等、オプション楽器奏者の参加があった場合は、先に、それらの奏者の方に「どのキーができる?」と、聞くのが良いと思います。

持参してないキーのハープや、出せない音などもありますからね。

ただ、相手が指定するそのキーがボーカルのレパートリーになければ、もちろん、ボーカルがそれ(相手)に合わせたキーをやる。これが正解です。

 

そんな自信はない、という場合は、予めジャムのオーガナイザーに伝えておくのがいいと思います。初心者ですのでお手柔らかに・・・と伝えておけば、おそらく、シンプルなバンド構成のセッションの時にステージに呼んでくれるかな?って思います。

 

ゆくゆくは、どの楽器が入ってきても対応できるキーのレパートリーを増やすとして、そのためにはやはり、「A」のキーの曲しか歌えずとも、参加すべきです。

 

参加して、周りの演奏曲など聞いたり、ミュージシャンと話しをしているうちに、「ああ、こんな曲やこんなキーもいいかもな!」と、情報も増えていきます。

 

バスキングと同じですね!まずは、外に出て、やってみること。

始まりは、無謀な一歩です!(笑)

 

次回も引き続き、ジャム参加のための準備を語っていきたいと思います。

 

ご一読ありがとうございました。

 

 

ジャム参加は3曲のレパートリーでOK!メジャーな選曲ほど喜ばれる理由って?