今回は、バスキングのお話しから離れて、Jam(ジャムセッション)についてお話しします。

皆さんは、ジャムセッション(以下、ジャムと省略します)に参加した事はありますか?

これ、オススメです!何がオススメって、ステージで演奏できて、オーディエンスがいて、修行の場にもなって、さらにミュージシャンシップも広がる。

そして、最大のポイントは、素人、プロ、技量に関わらず参加できて、ライブ・コンサート気分も味わえると言うところ!

まだ参加してない!って方は、ぜひ、一度お試ししてみてください。

このブログでは、主に海外(基本的にはイギリス)での音楽事情を語っているので、ジャムに関してのトピックについても、「イギリスでのジャム経験」から、お話しを進めたいと思います。

以前に書いたバスキングの記事の中で、「海外で記念演奏にトライするなら、ジャムセッションの参加をお勧めします」と書いた事があるのですが、その理由はなんと言っても、

  • 新顔でも、飛び込みで演奏に参加できる。(予約いらず!)
  • 屋内であり公認のライブ・プレイスなので安心して演奏できる。
  • 現地交流も楽しめる。(英語のお勉強にもなる!)
  • ほとんどが飲食可能なお店で行われているので、そこで現地のフードを味わうのもアリ!観光気分、その雰囲気をリアルに味わえる!
  • ちゃんとしたステージで、オーディエンスもいるので「海外で演奏してきた」と、堂々と言える。

こんな感じが、旅行者にジャムがお勧めしたいところです。

つまり、現地人だろうと日本人だろうと、誰でも参加出来て、さらに、公認のライブプレイスなので、誰かに邪魔される必要もなし、遠慮する必要もなし、安心して自分の演奏ができます。

もちろんジャムなのでその演奏に金銭も発生しない。必要なのは、その店、その店で決められたエントランス・チャージだったり(エントランスを取らない店の方が多いです)、飲食すれば飲食した分の料金を支払うだけです。もちろん、ジャムが行われるお店は比較的チープなプライスで飲食が可能です。

また、その演奏技量は問われません!素人でもプロでも、誰でも気軽に参加出来る、それがジャムの良いところです。

ただし、最低限「周りの演奏についていける」ことが必要です。

では、少し、ジャムについておさらいをしてみましょう。

ジャムセッションって何?

今回の記事では、初歩的な事、「ジャムって何?」と言うところを、ざっくりとお話ししたいと思います。

ミュージシャンの皆様は当然ながらご存知だと思いますが、あえて初心者の方へ向けて、改めてご説明します。

「ジャムセッション」とはつまり、ミュージシャンが集まって即興演奏をする事です。

決められた楽譜や構成通りにきちっと演奏するのではなく、型にはまらず、「せーの!」で演奏をはじめ、自由に展開していく事が、ジャムセッションになります。アドリブと言う表現もありますよね。

音楽好きのマスターが運営するバーや、ライブハウス風のお店なんかで、「本日Jam Day」みたいなイベントの看板が掲げられている事がありますよね。「今日はミュージシャンが自由にライブ演奏して盛り上げる日ですよ〜」と言う事なのです。

そしてまた、そういった「プレイス(場所)」がジャムを指すわけではなく、レコーディング中に、即興でアドリブで展開していけば、ジャムのそれに当たりますし、例えばミュージシャンの友人同士が家の中で「なんか演ってみようぜ!」と言うのも、立派なジャムになります。

バンドマンならもちろん、スタジオ練習中に、よくそんな事がありますよね!まさしくジャムです。

即興で「自由に演奏する事」、それがジャムなのです。

例えば、バンドマンならば、このジャムをきっかけに、いいね!いいね!・・と、なんだか素敵なメロディーやアレンジに巡り合えちゃったりして、新しい曲が誕生する事だってあります。

また、ジャムのような即興演奏を繰り返していくうちに、自分の演奏(アレンジ)の引き出しが増えて行き、そのうち新しいフレーズがどんどん出てくるようになったり、新人奏者であれば、周りのジャムに追い付こうとしているうちに、知らない間に腕が磨かれていたりします。

ちなみに、ジャムでは、自分より上の奏者と組んでセッションする事をお勧めします。

ついていけなくって悲しい思いをしたり、恥ずかしい目にあうこともあるかも?しれませんが、技量のある奏者と組む事で、自分を引き上げてくれる効果があります。

うまく行った時は、「気持ちいいーーー!」って、なりますよ!

「こんなに自分ってうまくやれるんだ!」なんて、勘違いしそうになっちゃったり。しかしそれも、技量の高い奏者がうまく全体をまとめてくれて、(自分がやりやすいように)合わせてくれているからなんですよね。でも、それでも緊張感を繰り返しているうちに、自分もそのレベルへと近づいていくようになります。

逆に、自分が容易にやれるような、(自分の腕が一番目立つような)セッション相手と組むと、やはり、そこで止まってしまうかもしれません。

悔しい思いが残るくらい、でも、10回に3回は、気持ちいいー!って思えるような、強者と無理やり組ませて頂いた方が、自分のためには良いかもしれません。

恥ずかしい思いも沢山するんですけどね。(経験者かつ、今もアリアリです。汗)

ジャムの戦場、キング・オブ・ソウルのショウタイム!

ジャムは、何も日常の練習やレコーディング、皆の集まりの場だけではありません。

ライブ、コンサートが丸ごとジャム!その即興性こそが楽しみである音楽家のライブは沢山あります。

有名なところでは、キング・オブ・ソウルこと、ファンクの巨匠であるジェイムズ・ブラウン(以下、JB)のショウでおきまりのようにある、「セッション・タイム」ですね。

これが、怖いんですよ。(笑)

JBのツアーに参加すれば、おそらく、世界中のどのバンドでもやっていけるだろうと言う。(笑)

2006年に惜しまれつつこの世を去った、JBですが、お亡くなりになったまさに2006年もツアーを行っていると言う、晩年もステージに立つ現役ミュージシャンであったわけですが、実は私も、2〜3回ほど、生のJBショウを観に行ったことがあるんですよ。

2〜3回という曖昧な数字なのは、その内の2回が、同じセットのショウなので、立て続けに観たため、という事です。(笑)

まず、そのステージを見てびっくりするのが、ドラムセットが3つあるんですよね。ドラマーが3人。その時点で驚きなのですが・・・

とにかく、ファンクですからバンドも大所帯。ギタリストは3名、ベーシストは2名、ホーンセクション、ピアノにパーカッションにコーラス。更に、JBショウは、中盤で「ソロ・ディーヴァ」を招き入れての「セッションタイム」を行う事で有名です。

昔から変わらず行われる、定番のイントロデュース(司会者が”レディース アンド、ジェントルメン!”から入る、おきまりのやつですね)、JB登場、ステージ、バンドセッションタイム、ディーヴァの登場と女性歌唱ステージ、セッションタイム、倒れ込んだJBに他のメンバーがマントを被せる・・・これらの演出は定番。

変わらない事、それを貫いている事、それらが全く飽きない事。いやあ、本当に素晴らしいショウです。そして、JBのステップとファンキーな歌唱も見事。

是非とも、DVDでそのショウをご覧になってください。

さて、そのJBのショウのセッションタイムについてですが、これが本当に、怖いのなんのって。

観てる観客の方が怖くなって、JBにアドリブを命じられたミュージシャンや歌手に同情してしまうのだから、よほどですよ。(笑)

JBは、スターであると共に、バンマスであります。ほとんどのバンドや歌手の場合、そのマスターはボーカリストであり、その演奏を中心になって仕切っていると思います。しかし、中には、基本的な指揮は取るけども、あとの細かい部分は演奏者に詰めてもらうと言ったところだと思うのですが、JBはリズム一つ外すことを許しません。

JBは、そのステップのリズムでテンポを指示し、ステップと手、そして体の向きで細かに指揮を取っているのです。キレッキレ、ですよ。

彼の音楽であるファンクは、基本的にはループする構成なわけですが、JBの体の動きでだけで、その音楽の抑揚が展開されて行きます。彼の体全体が指揮なのです。

バックバンドは、JBの踏むステップ、そして彼の手の指す方向から目が離せません。

この辺だけ聞くと、「まあ、普通のジャムじゃん?」なんて、ジャム経験者は思うのだと思いますが、JBの怖いのが、その指示が細かい上に、急であり、しかも、それを本番のショウでやっちゃっているところです。

「おそらく」なのですが、(まさか自分に回ってこないだろう・・)と言うようなところで、あえてその奏者に(アドリブの指示を)振っているような気がしないでもありません。(笑)

バンドももちろんそうなのですが、招き入れられたお抱えディーヴァ達も同じ。例えば、スキャットを始めますよね。延々とスキャットを終えて、ディーヴァがJBに返そうとすると、JBは(もっと歌え)と言うような指示を、アゴで出します。

すると、ディーヴァは少し躊躇しながら、再びスキャットを始めます。そして、延々と唄い回した後に、JBかバンドにその「アドリブ・ソロ回し」を振ろうとします。しかし、JBは再び、(まだまだ歌えるだろう?)・・・のような指示を、ニヤリとしながら出すのです。

最後には、困り果てたような顔になったディーヴァから、JBが受け取るかと思いきや・・・すっ!と、JBが見ていた方向とは全く違う方向にいる奏者をいきなり指し、その続きのソロを回すのです。(笑)

凄まじいですよ、本当に!

ちなみに、JBのバンド演奏する人たちは、完璧!です。まず、完璧でないと、キングからのお呼びもかからないでしょう。その完璧な人たちを、まだまだ上へと引き上げているのだから、相当なものですよ。さすが、ファンクの頂点だけのことはあります。

しかし、それをオーディエンスが観ている本番でやるのだから・・・

JBのショウは、世界中至る所で「同じツアーとして」行われても、その全てが全く違う演奏であったのではないか、と、想像してしまいます。

観てるこちらがミュージシャンの場合は、その、バンド達の切なる思いがひしひし伝わってくるようで、なんだか(いろんな意味で)凄く深いショウを魅せられてしまった気分になります。

自分も、あのステージに立ちたい!と、普通はライブなんかに行くと思うものですが、とても、とても、生半可じゃないプロの面のみが印象に残りますので、ひたすら(尊いなあ・・)と言う思いにかられて、JBのショウを後にするのです。

ちなみに、JBのショウは、3時間くらいは余裕であった記憶があります。そのほとんどが、ジャムだと思います。

もうね、どこまでが決められていたセットなのかわからない。(笑)

でも、それだけ繋げられて魅せることができるって、凄いですよね。

プロ中のプロ、トップのトップ演奏者になっても、その腕試し、ジャムを極めることは果てしない事なのであります。終わりのない、無限に追求する旅ですね。

音の交流場には、未来の仲間との出逢いも?

JBのショウでは、ファンクというジャンルもあり、JBの即興性の素晴らしさもあるため、所謂ジャムがその見せ所の一つでもあります。

もちろん、JBのように、かなりの強者レベルでジャムをやるミュージシャン達や、その即興性がショウの売りであり、そこをプロでやっている方も多くいます。ジャズミュージシャンなどは、ほとんどがそうですよね、レコードと同じことはジャズのライブでは起こりませんよね。

しかしながら、我々にとっては、ジャムはあくまで、音の交流の場であり、気軽に楽しく参加できるものでもあります。そして、楽しみながら、その実力をつけてゆく事ができ、場数を踏む事でステージ慣れもしてくる。

こんな良い場所を、活用しない手はありません!

バスキングのように、一人で延々と演奏するのもよし、しかしながらジャムには、それとは全く真逆の楽しさ、「皆で音を共有し、共鳴し合う楽しさ」があります。

これから歌う場所や演奏する場所を探していく方は、ライブのようにブッキングやノルマと言うプロセスがなくとも、すぐにでも挑戦する事ができるバスキングとジャム、その両方をバランスよく取っていくといいかもしれませんよね!

できれば、いきなり孤独に戦う事になるバスキングよりも、ジャムに参加して、いろんなミュージシャンの音を聞いたり、そのレベルを聞いて教訓としたりする方が良いかなあと、個人的には思います。

海外での演奏経験も同じで、特に多民族が共存して暮らす英国では、イギリス人だけでなく、いろんな国の人達がジャムに参加しています。

もちろん、現地の在英人だけでなく、近隣のヨーロピアンのほか、アメリカ人やアジア人など、いろんな国の人が旅行、観光の一環としても沢山訪れていますが、皆が「イギリスのミュージシャンと演奏してみたかったから」と言って気軽に参加しています。

以前に、「メキシコ在住の日本人男性」のギタリストさんとロンドンのジャム会場でお会いした事があります。

私がジャムのステージを終えた後に、「日本人ですか?」と、声をかけられたんです。

「イギリスでジャムに参加しようと思って旅行で遊びに来た。噂で聞いた有名なジャム会場に下見に来たら、日本人女性らしき人が歌っていたんで。」

と、いう事でした。その後、少しお話ししたんですが、やはり音楽の話しで母国語で盛り上がれるので楽しかったですよ。その方は、日を改めてそのジャム会場で演奏参加したようです。元々はアメリカに在住していて、その後メキシコ、その後、休暇を取ってイギリスに来た後メキシコに戻り、その後、日本に戻り、今はカナダにいるそうです。なかなかファンキーですよね。もう、その異国風の雰囲気がルックスに溢れ出ていたせいか、声をかけられるまでは日本人だとは全く気づきませんでした。

そんな風に、日本人が会場にひっそり居ることは結構あるんですよ。(笑)

海外の地でいると、日本人同士というのは、やっぱり声を掛け合いたくなりますし、安心するんですよね。ですから、「あ、あのステージの人、日本人かな?」って思えば、声をかけてもらえるだろうし、そこでお話しする事ができれば、もしそれが一人旅でのジャム参加であれば、ステージを降りた後に日本人の人に声をかけられたら、すっごく安心ですよね!

実際に、一人旅で訪れているお客さんも、チラホラいますよ。おそらく、ジャム会場に一人で来ている日本人なんて、音楽に興味ある人以外の何者でもありません。きっと、(参加したいなあ、どうしようかなあ)なんてくすぶってる人も、中にはいるんじゃないかなあって思います。

もし、アジア人風のルックスの方を見かけたら、「日本人ですか?」って声をかけてみて、「一緒に参加してみましょうよ!」なんて話しに発展するのもアリです。

ジャムに足を運ぶ事で、外国人の音楽仲間だけでなく、思わぬ日本人の友人が出来ることもあるかもしれません。

ちなみに、先ほどお話しした「メキシコ在住の日本人男性ギタリスト」さんは、その後、私が日本の某イベントに参加する際にギタリストとしてサポート参加をしてくださいました。

音楽のご縁って、大事です。そしてまた、「日本ではないどこか他の地」で出会った友人って、繋がりというか、絆がより深くなるような気がします。

どうでしょう、一人孤独に路上で演奏するよりも、ずっと楽しそうだと思いません?

一人演奏という孤高な旅に出る前に、音楽の繋がりを広める場として、ジャムの世界に味を踏み込んでみては如何でしょう?

バスキングと言う航海に出るのは、それからでも遅くはありません。また、バスキングは、やろうと思った時に路上でパフォーマンスすれば、バスキングは成り立ちます。

ジャムと言うのは、相手なしでは出来ません。

さあ、今日からジャム会場探し!・・・の、その前に、まずはジャムに行くための準備が必要ですね。

次回は、ジャム参加のための準備について、お話ししたいと思います。

See you next time!

ブルーズジャムって敷居が高い?実はブルーズはとっても身近な存在でもあるのです!