英国では、大道芸人の事をBusker(バスカー)と呼び、又、路上演奏や大道芸を行う事をBusking(バスキング)と言います。

日本では、路上ライブ、ストリート(またはストリートパフォーマンス)と呼ばれるのが一般的ですよね。

根本的には同じことではあるのですが、バスキングと路上ライブ、これらの概念が日本と英国では少し違うのです。その辺はまた後でお話しするとして、「バスキング」についてお話ししたいと思います。

ロンドンでのバスキングは、地上ほか、アンダーグラウンド、通称Tubeと呼ばれる地下鉄での演奏がポピュラーであり、過去にバスキングを経験したプロのミュージシャンは少なくありません。

近年の日本でもストリートミュージシャンはごく身近な存在になり、又、ストリートで演奏する事を好むミュージシャンも多くなってきましたが、昔から、ごく自然にバスキングを行っているイギリス人は、その行為そのものを、腕試しや日々の小銭稼ぎとして演奏していました。

ストリートで演奏する事を、自身のプロモーションとして行っている日本の感覚とは全く違うものであり、又「30分~1時間のセットを組み、自分の歌を聞かせる」という日本のスタイルと違い、2〜4時間は当たり前、場所が許されれば6時間、8時間と、まさに体力が消耗するまで演奏し続ける事が、イギリスのバスキングとしてのスタイルです。その際に、自分の歌ではなく、市民が親しみ易く、一緒に楽しめるようなカヴァー曲やクラシックを演奏するのも特徴です。

人通りが多く、雨の日でも演奏が出来る地下鉄構内はバスカーにとって人気の場所であり、又、日銭を稼がんとする彼らにとっては、バスキングは死活問題でもありました。よって、バスカー同士の場所の争奪は日常的な事であり、縄張り争いが絶えなかったそうです。

この対策としてか、政府は2003年より地下鉄でのバスキングを免許制としました。後に、リヴァプールの路上演奏でもこの免許制度が適用されました。(他、トラファルガースクエアやラッセルスクエア等での大道芸も免許制です。)

同時に、英国のエンターテインメントのひとつとして、又、英国観光名物として、ロンドンのバスキングを支援し、よりポピュラーにするため、キャピタルラジオ他スポンサー数社の協賛により、バスカーのためのエージェントが作られました。

免許制とした理由として他に、音楽で食べて行きたくても食べていけない者への活動の場を与える事、ハンディーキャップを背負っていたり、個人の事情で職につけない人達を支援するためとも言われております。



私が免許を取得したのは2007年の秋です。最終オーディションは夏、現在閉鎖されているチャーリングクロス駅の「隠れホーム」にて、実際のバスキングスタイルにて行われました。

申請は2006年の3月頃であり、書類選考に半年以上を費やしております。書類選考には、写真の添付、音楽の活動歴を記した書類や音源の送付が必要であり、CVと呼ばれる履歴書は基本的に必要ありません。

プロミュージシャンの腕試しの場として、又、日銭を稼ぐためとして人気のバスキングの正規ライセンスの合格率は、10%~30%と言われていました。(この辺はその年によって異なるかと思います)オーディションは、1年~2年に一度、不定期に募集されております。

合格したミュージシャン達は、その後、国際警察からの調査を受けます。アンプ等の機器を持ち込む必要もあるバスカーも多いため、テロ対策として入念に行われます。国から問題が無い人物であると見なされた後、晴れてライセンスが発行されます。

公式のバスカーは、正規の許可を得て、国の管理の元、規定の場所で演奏しているため、ポリスに捕まる事はありませんが、非ライセンスバスカーの場合、ポリスに場所の移動を強制される事があります。地下鉄では常にポリスが巡回しているので、正規のバスカーでも稀にライセンスの提示を求められる事があります。

バスキングのルールとして、新人は三ヶ月間、人気の無い駅(つまりチップが入らない場所)で、一定の量のバスキングをクリアしなければなりません。想像以上に体力の消耗が激しいバスキングを経験した新人達は、この一定の量が過酷でクリアできず、この時点でバスカーを辞める者も多いです。

新人期間の試練を乗り越えたバスカーは、晴れて人気の駅で演奏する事ができます。(ピカデリーサーカス駅、オックスフォードサーカス駅等)この人気の駅でのチップは、人気の無い駅で入るチップの4~5倍程になります。

場所の振り分けに関しては、各自でブッキングをします。

毎週明けに、バスカー達が一斉にエージェントに電話をし、繋がった者から、翌一週間分のバスキングために好きな場所と時間を選んでいきます。

時間は、8時から24時まで、2時間のくくりになり、一日2駅(合計4時間)×7日間が基本ルールで、キャンセルが出た場合や穴埋め要員として、それ以上の時間(6時間~10時間等)の演奏も可能です。

私のバスキングデビューは、2007年の11月でした。

昔からハスキーな声に憧れ、スコッチをストレートで飲んでは大声を出していても喉が潰れなかったほど喉の強い私でも、わずか2週間で声が嗄れ、その過酷な肉体労働に驚きました。

客に魅せようとセットリストを組んでも、そんな余裕はなく、ただただ4時間、6時間、時に8時間と延々と歌い続けなければならず、又、小さな声や抑揚を出して歌うと通行人の歩く音にかき消されてしまうため、叫ぶように歌わなければなりません。同時に、盗難や嫌がらせ、妨害等からの自己防衛を行いながらの作業であり、バスキングはまさに、メンタル強化の訓練、乃至肉体労働と言っても過言ではありません。

その後半年間は、一ヶ月に一度は声を失うという日々が続きました。それも、慣れによって解消されて行き、今に至るまでバスキングを続けて来ました。

新人期間のノルマを達成し、晴れて人気の舞台に立ててからは、バスカーとしてそこそこまともな暮らしが出来るのではないかと錯覚する程でした。面白い程にチップが入り、渡英当初にバイトを掛け持ちしていた時の収入を遥かに超える額を、通行人の方から頂いておりました。

又、我々バスカーをサポートするエージェントとエンターテインメント業界への繋がりは大きく、バスカー専用のウェブサイトや、支援サイト等も充実しており、又、バスカー内でのコンテスト(賞金日本円で100万円相当)も常時行われ、マスコミ各社が我々を取り上げ、盛り上げてくれました。

それが、私がロンドンでバスキングを始めた当初のことです。それほどまでに、2007年~2008年上旬の英国は活気があったのです。

残酷な現実は、その直後に見る事となりました。



2008年の7月、ロンドン市長はバスカーエージェントからのスポンサーの撤退を命じ、百人以上のバスカーが路頭に迷う事となりました。ここで転職をしたバスカーも多いと聞いています。

この7~9月の間は、バスカーの正規の管理システムが無く、数名のバスカー(私含む)が路頭に迷いながらもしつこくバスキングを続けており、当初の縄張り争いになりかねない状況でもありましたが、互いにミュージシャンシップを持ち、この状況を乗り越えました。

その後、バスカーの管理を申し出て来たのがロンドン交通です。エンターテインメントには全く関わりのなかった事務所が、我々を引き続きバスキングさせるべくマネージメントをして下さる事になりました。

再び、公式に戻れたバスカー達ですが、その頃はリーマンショックが起こり、チップ額も激減。舞台に戻ったものの、改めて転職を決めたバスカーも多かったようです。

バスキングのチップは、ロンドン市民のフィーリングと常に比例しており、市民が悲しい時はそれがチップ入れに現れます。金曜の夜やお酒を飲んだ帰り、デート中のカップルや給料日の前後など、世の中の人がワクワクする時は、陽気にチップを置いていかれる方が増え、反対に不景気な時期や、フットボールでイギリスのチームが負けた時などは、チップが入らないどころか、こちらに嫌がらせをしてくる輩が増えます。

これらの対策として一番有効なのが、自己主張の強いうるさい演奏をしない事、クラシックやポピュラー音楽等を一歩引いて演奏する事です。基本、クラシックとビートルズを演奏している者に嫌がらせをする輩が居ないので不思議です。

時は流れ、活気のあったロンドンのバスキングシーン全盛期から、はや10年が経とうとしています。

それでも、当時の全盛期から急激に下り坂になったバスキング事情を経験し、乗り切ったバスカー達は、今も変わらず、ロンドンで演奏をし続けています。プロになり、ワールドツアーで演奏をしながらも、一瞬の隙を見ては、路上に立って演奏をするギタリストもいます。

延々と不景気が続いているイギリスでのバスキングは、百害あって一利無しと言っても過言ではない程に過酷なものであり、ほんの少しの日銭と引き換えに、喉や体力を失う者もおれば、空気の悪い場所で毎日演奏する事で、頻繁に風邪をひいたり体を壊す者もおります。目の前でジャッジされたり嫌がらせされたり、金品を奪われたりする事で気の病む者もおります。

一番の落とし穴が、それら肉体的、精神的な事以上に、その活動に没頭し、時間を費やしてしまう事で、ソーシャル面での付き合いや、自身の音楽活動に支障が出てしまうと言う事です。

国からのノルマ的な数をこなしていると、自分の身の回りの事や付き合い等する間もなく、体力と時間を消耗してしまうからです。

それでもバスキングを続けているバスカー達、そしてバスキングのみに一生を捧げているバスカー達。

それはやはり、通行人の方からの笑顔、そしてThanksの一言をもらえる瞬間の嬉しさが、そんな苦しい事以上に嬉しく、晴れやかな気持ちになる事を知っているからだと思います。

これからカプチーノの一杯でも、と考えている人がその手に持つ1ポンドのコインを、見ず知らずのバスカーのギターケースに落とす。

一期一会の人が、振り向きざまに「音楽を有り難う」と言って手を振って去って行く。時に、知らない者同士が目の前で一緒に歌い、踊り出す。

イギリスの景色、その季節、その年それぞれの顔をした人達を、一メートルも無い距離の目の前で感じる事が出来る。

インターネットが普及した現代のソーシャル活動は、世界中の人と繋がる事が出来る上、いつどんな時でも光の速度で連絡を取り合う事が出来ます。それらは一見進化し、人との繋がりが容易になった様に思えますが、問い面で相手の表情を見ながら会話を楽しむ事が減っている事実は、とても悲しい事であると思います。

音楽配信しかり、オーディエンスが自由に視聴し、その評価を瞬時に世界に知らせ、アーチスト側も様々な評価をすぐに知る事が出来ますが、目の前で声援を頂けたり、目の前で批判され、ジャッジされること、それは、テクノロジーを通じての声の何倍、何十倍もの暖かみや、苦しみを受ける事が出来ます。

バスカー達は、人間としての生身の感情を受け取り、時に自らが放ち、一日に数百、数千との人と同じ息を吸う。そんな人間くさい環境の中での音楽配信を愛し、時に憎みながらも、孤独な舞台で一人戦う道を選んでいるのだと思います。

そして、またいつか出会ったあの人に出会えるかもしれない、その人が自分をまた探してくれているかもしれない、そんな自意識過剰な事すら、時に思うのです。

私はバスキング中、いつも二つの台詞が交互に、一時間おきに頭に浮かびます。

「やめたいなあ」

「幸せだなあ」

以上、バスキングについてでした。

バスキングに興味ある方は、コチラの記事もどうぞ!

How to バスキング?〜バスカーの心得その壱〜

Have a great busking!

御一読有難うございます。