こんにちは。

今回は「ソーシャルメディア(SNS)やるべき?やめるべき?②」です。

 

前回に続けての話しになりますので、これより以前の話しに関しては、以下リンクの「①」の方へ、宜しければお立ち寄りください。

 

ソーシャルメディア(SNS)やるべき?やめるべき?① 論争はもうナンセンスかも

 

・・・・と、いうわけでございました。(笑)

 

前回の結論としては、ここまで世界中に、そして社会全体の様々なシーンにまで入り込んでいるソーシャルメディアことSNSですから、やる、やらないの論争自体がナンセンスかもしれない、あって当たり前となりつつある中で、「絶対にやらない」と決めつけるまでもない・・・

しかし、SNSをやる事によってエネルギーを浪費してしまうならば、それはやらない方が良いのでは、と。

 

  • 興味がないなら、やらない。興味がないことにエネルギーと時間を使うのは無駄なので。
  • やった方がいいかどうか迷うなら、多分それは今は必要ないかもしれない。
  • だけど「気になる」のであれば、とりあえず面白くなるまでやってみれば?
  • 社会が今、SNSを中心に動いているという現実、これを考えると、とりあえず「絶対にやらない」と決めつけない方がいいんじゃないかしら?

 

上記のようなお話しでございました。

 

 

社会、時代背景が必要としているSNS

 

SNSをやらない事で時代に取り残されるだけならまだしも、上記リンクの①で述べさせて頂いたように、社会のシステムに対応できなくなると厳しいですよね。

 

まさに、そんな感じになってきています。今やSNSは必須。

 

頑固頭で「絶対やらん!」と意地を張っていても、既に避けて通れないような環境が出来上がってきています。

何らかのプラットフォームを使わざるを得ない社会になっている事は、時代背景のせいにするしかありません。

 

ここは、頑固頭をちょっぴりお酢に浸すイメージで柔軟になり、少しずつ生活に取り込んで行かないと、まさしく、メールの時代に伝書鳩を飛ばそうとしているようなものです。

 

私はLINEはやらないのですが、その理由は、自分のコミュニティーでは必要のないツールだからであり、iPhoneのText送信やWhatsAppの方がよほど使えるのです。

 

しかし、困るのが、最近は日本の企業窓口にLINEを備えていたり、プロジェクトの進行状況の報告等の簡易メールが、LINEのグループ機能を用いているようなことも増えていること。

日本ではおそらくLINEは主流のコンタクトツールですよね。これを強要されると、ちょっと面倒くさいとなるんですが、まさにこれが現代の社会構造。

 

日本で生活する、もしくは日本の方々と円滑にコミュニケーションを図るには、友達のみならず仕事でもLINEは必要不可欠と推察いたします。

 

我々の場合、ネット通話や他国相手のやり取りは長年Skype主流でやっているので、大抵は皆がアカウント持っているのですが、日本の方で個人でSkypeのアカウントを利用している方は、そこまで多くないですよね。もしくは、使っていたけど、LINE主流で使わなくなったとか。

 

相手がSkypeアカウントがなければ、「じゃあWhatsAppは?」と聞くと、「いや、使ってないからLINEで」と言われ、するとこちらが「いや、LINEはやってないから・・」となり、「それじゃMessangerで?」とまあ、なんとかかんとかコンタクト手段はあるのではありますが・・・

 

何のプラットフォームも駆使できない状況で、「それじゃあ国際電話で。」なんて言おうもんなら、もう、ただの面倒くさい奴ですよ!(笑)

格安回線で国際電話していた頃が懐かしや。10年前は普通だったのにね。

 

SNSやらない、なんて言いつつも、やっぱり私たちは、何らかのプラットフォームにお世話になっているわけで、そして、今後はさらに、競合や統合を繰り返し、それらが(もしくはそれらの何れかが)主流となってくると、それを取り入れざるを得ないかもしれません。

 

ものすごい希少な人物で「携帯電話を持っていない」という知人がいます。(笑)

固定電話しかひいてません。つまり、その知人の家の電話番号にこちらが連絡した時に在宅されているか、あちらからかけて頂くかしか、連絡の取りようがありません。

 

これはすごいですよ!

 

この域にいくと、すでに尊敬、神かもしれません。

 

やるならば、そこまでやるべきですかね。

 

しかし、知人ご本人は全く不自由してないのですが(それもすごい)、周りが困っています。(笑)

 

 

 

日本の盛り上がりの凄さ

 

私個人の例としては、前回のブログ「①」でお話ししたように、テクノロジーの産物と仲良くお付き合いをしているのは、ブログやサイト運営のみではあるものの、やはりSNSと呼べるプラットフォームは使っているわけで。

 

メインストリーム系のSNSでも、アカウントを作っている物もあります。

本当に、置いてるだけですが・・・

 

ほとんどがIDキープ目的のアカウント設置だけで終了してるのですが、ひとつだけは昔はボチボチ使っていたヤツで結構大事なつながりが多いため、たまに覗きます。ロックダウン期間は時間がかなりあったので、友人安否で覗く時間も増えたんですが・・・再び、長らく見ていません。(笑)

 

嫌なわけではなく、「①」に書いた通り、そこに到達するエネルギーがないだけです。

 

昔自分がエネルギー浪費なく楽しく活用していたのって何だろう。My Space(いまや形が変わってるけど)くらいですね。ご存知ですか?

あれ、なんであのスタイルをやめちゃったんでしょうね、あのくらいシンプルな物なら使うのになあ。(シンプルならば意味がないのか。汗)

 

割と、外国人仲間(主にイギリス人やヨーロピアンですが)には、同じような感じの友達も多いので、気楽ですよ。マイペースすぎて機能してるんだか(そこに居るんだか)してないんだかわからない感じの人。

 

友達の安否が気になる時だけ覗けばいいし、かなり時間が空いても問題なし。相手も長らく不在で、ある時ひょっこり現れるという、お互いに適当な頻度での更新やコンタクトですからね。プライベートSNSはビジネスではありませんから。

繋がりも不特定多数にしなければ、変な投稿を見ることもありませんし、こちらが仮に投稿しても、見られたくない人もいません。

 

これが日本の場合ですと、時間が空けば終了です。(笑)

友好なSNS関係を望むのであれば、マメなコメントとポチりは必須。

 

 

コメントしない友人が悪いのか、求める側が悪いのか・・・

 

私が驚いたのは、以前に繋がり者が「SNS上でコメントやり取りできない方とは繋がる意味がないので、この度、一気に50人ほど人員整理します。」という、何とも恐ろしい投稿を見た事。

そしてある時に、自分も人員整理されてた1人だった事に気付きました。(笑)

 

わずか数ヶ月のつながりだったような記憶・・・

 

友達ではなく顔見知りの人だったんで、大きく傷つくこともなかったですが。私は超SNS横着なため自ら繋がる事はしないんで、SNSを聞かれた側だったのもあり、何だかなー。と、微妙な感じ。(笑)かなり年上の方ですよ。普通の良き会社員。

確かに、一回もコメントもポチりもしてないけど、だって開いてなかったんですもの。(笑)コメントの強制はやめてえ〜〜!

 

そんな事は後にも先にも一回しかないですが、その発想は独特だなあと。SNS義務感を抱かせんばかりの圧!しかし、生身は嫌な感じの人でも何でもなく、至って穏便で平凡な方なんで、実は他にも同じ考えの人がいるのかしら?なんて思うと、うかうかと横着してられません。

って、横着してますが。ごめんなさい。

 

もしそれが仕事仲間や近い友達だったら大変ね。生身の人間関係に支障をきたし兼ねない。やっぱり、多少は見る目変わってしまいますもん。

でも、それもプラットフォーム上での本人のポリシーという事で、悪気は全くないんだろうなあと思うと、複雑。逆にいうと、コメントしない(というか開いてなかっただけなんだけど)こちらが失礼なのかもしれませんしね、暗黙のルールがあるならば。

こういう、何だかモヤモヤするような、互いの推測ばかりで意思の疎通がハッキリしないところがSNSの面倒くさいところではあるんですけどね。(苦笑)

 

これは仕事でも同じと思うんですよね。少し休めば仕事に大きく遅れをとったり、その席があっという間に埋まる。話題にも遅れをとる。その間隔はヨーロッパよりもかなり短く早いのは違いないです。

音楽で例えれば、日本のバンドが1〜3年で1枚アルバム出すところを、ヨーロッパは普通に5〜8年かけてるバンドも多いですから。時間かけるというよりおそらく、時間を気にしていないのかも・・・

やはり、日本の速度はいろんな面で早いですよね、良いことも悪いことも含めて。

 

 

思うのは・・

 

うーん、こんなことをいうとSNSを否定する流れになりそうであれですが・・・

 

日本のSNSへのエネルギーはある意味では異常ですよね。

これがプラスに働けば、かなりのものとなるでしょうから、世界発信を狙ってあくせく英語で繋がり作りにビジネスにと奔走するヨーロピアンよりも、日本人であれば、慣れ親しんだカルチャーをベースに国内マーケットだけを狙っても、1億2,000万人の規模。

それが上昇して行けば、かなりの繋がりとなりビジネスとしても成立するわけなので、元値ゼロの日常をマメに発信する事は、誰しもが得られる可能性のある場所なのかもしれません。

 

しかし一方では、その異常なまでの熱気や反応に、中には「もう降りられない」ような状況になっている人もいるのではないでしょうか・・・

 

私の概ね放置気味のSNSに、少し日本の知人もいるのですが、まあ、めちゃめちゃ近い仲の方の場合はだいたい皆マイペース。(似たもの同士というか)

 

しかし、その中にものすごい頻度でUPしている人もいます。

驚くのが、それが本当にごく普通のお勤めの方であり、それらの更新が日常的な物であってビジネス目的ではないという事です。

 

もしかしたら、日本人的にはもう普通なのかもしれませんが・・・

ロックダウン中に日々覗いていた頃、その人ばかりがやたら目立っていました。やっぱり、更新頻度が外国人とは全然違うんですよ。

 

外国人の場合は、凄い頻度でUPしている方は、それをビジネスとして相当力を入れている人だけであり、一般の方は本当にマイペースなんです。言い換えます。マイペースな人が多い。

 

日本の方の中には、一般の方でも、会社で働く方や、主婦の方がかなりの頻度でUPしたり、フォロワーを集めていますよね。

 

もちろん、そんな方ばかりではなく、「あんまり使わない」とか「やらない」という人もいると思います。

 

しかし、一般の方のSNSがやたらプロ級に発信されているというのには、たまげます。確かに、これ、興味ない人であればもういいやとなりますね。あ、失礼。本音が出ました。(笑)

 

その中にも、ゆくゆくはインフルエンサーになるべく頑張っている方もいるのだと思いますし、努力無しでは出来ない事なので、そこは素晴らしいです。しかし、この、一般の生活に浸透してきている感たるや、恐ろしいです。

 

一般人で、日々アップロードし、フツーに何百ものLikeを取って、コメント返ししているのは、これはもう日本だけかも?と思う時もあります。主観ですが。知る限り、そこまでアクティブな外国人は、概ね有名人または有名人枠を狙っている人だけです。

 

皆が皆、共感を得たりジャッジを得ることを楽しんでいるのであれば良いのだけど、中には、実は、少々面倒に思いながらも続けている方もいるような気がしてなりません。

 

だけど、そこまでいっちゃうと抜ける事って無理なんだよね、多分。

 

それなりの利点だってあるわけだから。それらは喜ばしいことだし、せっかく得たものを簡単には捨てられない。

仮に、その本人がしんどいと思いながらやってたとしても、数千人、何万人という友達をスパッと捨てるのはできないと思いますよ。

 

有名人であれば別ですが、一般で生活している身では、そこまでの人に見てもらえたり、コミュニケーション取る場所もありませんからね。

 

 

でも、考えてみてください・・・

 

対価を得てもキツい程なのに、あえて我が身を晒す必要があるのでしょうか。

ましてやプライベートなんてもってのほか。リスクしかありません。

 

・・・となると、何でもかんでも晒している人は少ないかもしれず、そのプライベートにも、若干のフィルターがかかっているわけですよね。

 

 

「あ~あ、今月もまた赤字だわ」と、家計簿を公開する人はいません。

仕事でクビなったら、企業目指してフリーランスで頑張ります!と、言うでしょう。

実生活ではめちゃめちゃ嫌われているのに、SNSではすごく人気者かもしれません。

写真を撮るためだけに借金して旅行しているのかもしれません。

あるいは、本当に金持ちでゴージャスな生活をしているのに、それをUPしたことで、見栄っ張りと密かに思われていたら嫌ですね・・・

 

誰だって同じで、それは外に見せる顔。時にそれが素顔でも、知らぬ場で素顔とは見られていないかもしれない。

 

やはり少々、「中の人間関係」は、胡散臭い可能性が隠れていることも否定しきれないですよね。

 

だから、そこで仲間を作ろうとするならば、本当の仲間を見つけることは難しいことには違いないし、いろんな角度からの注意も必要になってくる。

 

会って直接時間を共にしていない関係だからこそ、利害が優先になる場合もあると思います。でも、その場合も、SNSというコミュニケーションツールだと、なかなかビジネス関係に持ち込む話しをするのも難しいですしね。

 

いや、ほんと、わからんよ。どの人がどれほどの器量なのかは。

果てしなく盛るも、盛らぬも、投稿者次第ですから。

 

目標を達成するための仲間を作るためにSNSをやるのはちょっとリスキーかなと。

ハナから完璧にフォロワー増やしの物と、じっくりと仲間を身近なところから広げる物に分けて、割り切った方が楽かもしれないですよね。

 

前回のブログ「①」の、友人(10代の若者)の相談「目標があるのでそのための友人を増やしたい」という内容に、話しが戻ってしまいましたが。

最初から協力者を見つけるためにやると、何だか出会い系みたいな感じになりそうで怖い。肩書きや投稿ばっかり見て判断してると、きっとブレてしまいますからね。

 

意見交換の場のSNSということで、興味があるならばやるもよし、やらぬもよし、しかし、どのみちやるんでしょ?・・・というのが友人への最終的なアドバイスとなりましたが・・・

アドバイスにもならないかもしれません。(笑)

 

どのみちやるんでしょ?っていうのもね・・・相談した意味ない的な返答ですね。失礼いたしました。(汗)

 

 

SNSのインパクト話しに関しては、永久に賛否が続くことでしょう。

 

確実にリスクとネガティブインパクトは存在するけども、社会が必要とするものとなっている以上、利点だって多いわけで。それらと共存する方法は各個人のエネルギーの分散によって変わってくると思います。

 

個人的には、「固定電話で過ごし、絵葉書を出し、辞典で暮らす」という10代を見てみたいですけどね。現代の環境的に不可能に近いですが・・・

 

でも、どんなツールでも無くなる可能性がゼロではない事を考えると、リアル社会は一番大事ですよね。

当たり前の意見でシメてすみません。

 

お付き合い頂き、ありがとうございました。