こんにちは。

 

突然ですが・・・

ブログ更新しようとしたところ、あることに気付きました。

 

数日前にphpコードを少しいじって編集した際に、一部コードを間違えて消してしまっていたみたいで。(汗)

ヘッダー箇所のサブメニュー表示を少しおかしくしちゃってました(汗汗汗)

 

微妙な箇所なので使うことはない部分ではありますが、取り急ぎ、お気づきになった方がいたらすみません。大変失礼いたしました・・・

 

先ほど修正いたしました。^^;

 

改めまして、いつもマイペースなブログ更新の管理人です。

 

他のブログや寄稿に没頭しつつ、毎度の如く、ここでは趣味や気になることを、まさに自由気ままにのんびり更新させて頂いてます。

 

本日も語りの場にお付き合いくださいませ。

 

 

SNS世代の相談

 

先日、Social Mediaこと、Social Networking Services 改め「SNS」ドンピシャ世代の友達?から「やっぱ、SNSって使った方がいいんスかね?」と相談されたので、ちと今回のお題にしてみました。

 

物心ついた時からSNSがあり、スマホが出回り始めていたなんて、恐ろしい・・・

インターネット環境の向上と共に成長してきた30代とは全く別世界、25歳くらいならば、そちら寄りなのかな。

 

ちなみに、友達は17歳。

友達?!と呼ぶのもあれですが、お仕事現場で知り合った友達の友達なので、友達?年齢関係ありませんし、むしろギャップがある方が全然違う発見ができるので楽しい。

 

しかし、その世代でSNSを使うか否かで迷う人もいるんだと、新鮮でした。実際は世代関係ないんだろうね。

 

友人曰く、現在は最低限のアカウントしか持っていないんだけども、目標のために良い友達を増やしていきたいので、さらに別のSNSに手を出したり、更新頻度を増やすなどした方が良いかとお悩みだそうで。

「やっぱSNSって使った方がいいんスかね?」と、質問してきたわけです。

 

回答。

 

知らんがな!(笑)

 

いやいやいや、それは、一番相談してはいけない人に相談している!私がSNS横着と知ってて言ってますか!?(笑)

 

好きになさりなさい~と言いたいところですが、それでは話しも相談も終わってしまうので、友人には個人的な意見をお伝えしました。

 

 

 

結局のところ、SNSはやった方がいいの?

 

で、実際のところ、やった方がいいんでしょうかねえ?どう思いますか。

 

SNSが誕生してからというもの、この話題は常に尽きないですよね。そして賛否両論。

 

私の答えは「どっちでもいい」なんですけどね、正直。

 

以前は「やらない方がいい」と思ってたんですけど、例えば「興味がないからやらない」ならまだしも、「意地でもやらない」となると、ガラパゴス化は避けられないかなと。

 

すでに現代では必要不可欠な存在となっており、友人とのコンタクトのみならず、ビジネス上でも必須なところが多く、さらには日常の様々な手続きすらも、SNS・・・というよりもテクノロジー上で行う事が増えてきています。

 

SNSをやらなくても別にいいんだけど「やらないと困るような環境を社会がどんどん作ってきている」というところを考えなければならないと思うのです。

 

「興味がないからやらない」という人でしたら、そのうち必要不可欠になればやるだろうし、興味をもてばやるかもという頭がきっとあるでしょうから、やりたくないうちはやらなくていいかと。

 

しかし「意地でもやらない」という頑固な考えを持つことや、「やらない方がいいよね?ね?!」と、周りの意見に依存するのであれば、「やらないと決めるリスク」は高いと思うのです。

 

個人的には、別にそこまで何処もかしこもSNSにすることないやん!と思うのですが、人間、一度手に入れたものはまず手放しませんし、進化した日常が退化することもないのでしょう。

従って、強制的にSNSが利用不可能となる状況に陥らない限り、SNS時代は続き、もとのメールや写メ時代に戻る事もなければ、黒電話になることもないわけで。

 

数年後には、もっと別の大きなテクノロジー産物の存在が待ち受けているかもしれないとなると、今更SNS必要だの不要だのはナンセンスかもですよね。固執しても不要になるかもしれず、拒否してても避けられないのかもしれないのだから。

 

 

 

エネルギー分散のバランス

 

例えば、私の場合、なぜSNSをやらないかというと、単純にそこにかけるエネルギーがないだけなのです。

 

承認欲求も別段ないし(ま、興味ある人達には認められたいですけどね!)、写真も撮らないし、周りに自慢したいことも見せたいことも特段ありません。というより、プライベートを見せようと思わない。仮に見せても、多分大事なメモリー的なところはカットしているだろうから(笑)それに対しての評価は別にいらない。

 

ただ、一緒にいる相手が見せたいのなら、聞いてくれれば、どうぞーという感じで、まあ、一言で言えばドライなのです。

 

にも関わらず、そこに無理やりエネルギーを使うことは、マイナスですよね。

干からびてまうし。

 

SNSも、結構気を遣うと思うんですよ。写真撮って、人によっては加工して、その中から一枚を選んで、アップ。ああ、無茶苦茶気を遣う!(笑)

Twitterは呟きで済むとはいえ、あまりに気を使わないとNGワード出しちゃう可能性もありますしね。

 

そんなもん、消費エネルギーはとんでもないし、時間も使っちゃいます。

 

個人的には、そのエネルギーも時間もない。

 

じゃあ、やってる人は全員時間があるのか?暇か?といえば、それも違うと思うわけで。

確かに「コイツ、よほど暇なのか?」って思う人もいますが、本当に暇な時間を使ってやってる人もいれば、何かしらの時間を削ってやっている人も多いはず。

 

ビジネスでSNSをしている人は、それをビジネスとして時間をかけているので、その時間もビジネス=労働時間と考えると、特段周りがどうこう言うのもナンセンス。

 

だから、「やった方がいいかどうか」というよりも、「やるかどうか」というだけで、あくまで本人が、SNSが好きかどうか、エネルギーをかけるものがそこにあるか、という事で、シンプルな答えかなと。

 

とはいえど、ネガティブインパクトもかなり強いのがSNS。

 

「やらない方がいいんじゃないの」と言いそうになる時もあるけど、別に、やらない方が良いというわけではありませんからね。(笑)

 

あくまで、自身のエネルギーとのバランス。

 

目標がスポーツならば、SNSやるより練習の時間を増やした方がいいですし、将来ネットビジネスをやるなら、ネット上での繋がりを持つためにそこにエネルギーをかけるのは良いのでは。

 

 

 

そんなわけで個人的な回答。

 

  • 興味がないなら、やらない。興味がないことにエネルギーと時間を使うのは無駄なので。
  • やった方がいいかどうか迷うなら、多分それは今は必要ないかもしれない。
  • だけど「気になる」のであれば、とりあえず面白くなるまでやってみれば?
  • 社会が今、SNSを中心に動いているという現実、これを考えると、とりあえず「絶対にやらない」と決めつけない方がいいんじゃないかしら?

 

こんなところです。個人的な意見は。

 

付随する意見もありますが、さておき。

 

「絶対にやらない」は、確かにまずいのかもしれない。(笑)

 

 

 

ブログをやっている個人的な理由

 

私の場合、SNSにかけるエネルギーはありませんが、ご覧のようにブログはやってます。

 

これは趣味のひとつなので、エネルギーを浪費する事がないのです。むしろエネルギーの蓄積になるというか、一仕事終えた後のように、力が湧くイメージですかね。もっと楽な言い方をするとストレス発散。(笑)

 

やはりそれがストレスになるかどうかが重要で、SNSはストレス増産のように見えますが、ストレス解消になっている人も同じ数ほどいると思うのです。

ストレスを誹謗中傷という形で発散してはダメですが、自身の生活や思いを自己責任でSNS公開することや、それを元にコミュニケーションを図ることでストレス発散になるのであれば、エネルギーを浪費しているわけではないので、良いことなのでは。

 

私の場合は、主流SNSはヨイショがいるけど、ブログは楽なのでやってます。

 

ブログもSNSの一種ではあるのですが、ブログというプラットフォームが出来たばかりの頃から楽しいものというイメージがありましたし、あくまでマイペースにやっているので、苦にならないのです。

 

それでも、一時期は、周りに煽られるかのように、そして周囲に求められるままにプライベート感をあらわにしたり、ビジネス関係者に義理立てして更新してたこともありました。その時期のみ、ブログ始めた当初とは全く違う感じになってしまいまして。

自分でも、なんか気持ち悪かったですけどね。らしくなくて。

そのため周りに色々言われることや、意図せぬ受け取り方をされることなどが増え、それがストレスとなったので、ブログの方向性を戻し、本来自分が向き合っていたブログの形に(元の形に)収まったというところです。

 

本来好きでやっていたものが、考えすぎた事で苦痛と化す。よくある事ですね。

 

この話しからも分かるように、他者が求めているであろう(ウケるかも的な)情報を推測して更新したり、共感を得たり注目を得ようとしての投稿や、他者と競合するかのようなキラキラ感あふれる投稿(リア充アピールやマウントの取り合いとも言いますが)、これら全てが「他者」や「周囲」を必要以上に意識しての事であり、実は「自分」を考えているようで自分のためではないので、知らぬ間にブレが生じてしまいます。

これらの場合、事実である出来事をUPしようとも、投稿するその意図の中には一種作為的とも言える部分があるため、ストレスを溜めかねないのです。

 

当然ながら、承認欲求や自己愛の強い方はこれらは苦になりませんが、ビジネス上でやっている場合は多少なりとも自身でモチベーションをかなり上げないと、結構しんどい時もあるのでは、と思うのです。

自分の好きな方法で好きなものをやるのがベストですよね!

 

 

ブログが身近な時代になった当初から、さほど変わらぬブログのスタイルは、違う角度から見れば「オワコン」とも言えますが、変わらないからこそ終わる事なく遊べるツールだと思っています。

 

あと、これは周りに押し付ける必要がない。ごめんなさい、押し付けというちょっと嫌な言葉で表現してしまいましたが、メインストリームのSNSと違って、全てのコネクションに即座に、自動的に情報が流れていくわけではないので、相手が否応なくこちらの情報を目にする事もないわけですから、無意識に相手にストレスを与えていることも少ないのです。

 

ブログの場合は、発信者が公開することだけでは伝わらず、訪問されないと情報が伝わりません。

 

お越し頂く方は、少なからず何らかの意思を持って、ご縁あってココでお会いできているわけなので、仮にこの場での意見が双方(作成者と観覧者が)合致しなくても、観覧者は「まあ、検索したの俺だしな」と、速やかに別サイトに飛ぶでしょうし、作成者は「このネタは微妙だったかな。反省。」で終わります。お互いにストレスが溜まることもない。

基、おそらくストレスは最小限に留めることが出来ます。

 

逆に、双方の好みや趣味が合致していれば、仮にそれが見えないご縁であろうとも、長く続くわけです。

 

テクノロジーの産物ではあるものの、結構アナログなのがブログです。(笑)

 

しかし「ルンルン♪ハッピー♪」な気分でダイレクト流通のSNSにアップした友達との食事の写真を、気持ちが少々荒んだ時期の友人が目を止める事になってしまい、「なんかオマエの友達、変じゃね?」「こんな時間に食事していい身分だね」みたいな、ちょっと嫌な感じの評価をされてしまったら。

 

これはムカつきます。(笑)

 

しかも、情報公開したのは自分であり、なまじ友達としてつながっている相手だから無下にも出来ず。とまあ、これがストレスの素。

 

「だったらUPしなきゃいいじゃん」「だったら見なきゃいいじゃん」と、堂々巡り。それはブログにも言える事ですが、主流SNSの場合は、見たくなくても向こうから勝手にやって来る事が多いのですから。

これが気にならない人ならいいのでは。

 

逆に、ブログやその他の比較的アナログなコンテンツの場合は「流動的ではないので使わない、面倒くさい」と感じ、普通の主流SNSの方が即座に相手の状況を知れるから嬉しい、使いやすいという人もいます。

 

自分や相手の居場所を公開し合うことで、ミーティングの利便性に効果を発揮しているようですし。

 

SNSの否定的な意見を40代の方に述べたら、ものすごく説教?されたことがありました。(笑)年代関わらず、好きな人は好き、合う人は合うのです。

 

ここを論争するには、すでにナンセンスとなってしまうのかもしれません。

 

・・・と、いうわけで、次回に続きます。(笑)

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございます!

 

 

 

ソーシャルメディア(SNS)やるべき?やめるべき?② 時代背景のせいにして気楽に向き合う