皆さんこんにちは。流しの戯言人です。

国外でのバスキング(路上ライブ・ストリートパフォーマンス)活動を目指す、ビギナー・ミュージシャンのために、ささやかな経験とアドバイスを書かせて頂いてます。

このところ所用が重なり、大変ご無沙汰しておりました。(汗)

バスキングのお話し、ジャムセッションのお話し、ボーカリスト向けのお話し・・・に加え、Tripアドバイスについても綴っていきたいと思いながらも、ここ最近は、バスキングネタで続いております。(笑)

そんなわけで、バスキング(ストリートパフォーマンス)で、準備が必要と思っていたけど、実は必要のないものについての話しに戻って参りましょう!

前回の記事は、以下のサムネイルからご覧下さい。

さて、早速ですが、今回のお題は「セットリスト」です。

ミュージシャンの方なら、もちろんご存知。ライブの準備には欠かせないものですね!

これから音楽を始めようかなあ、という方のために、ご説明すると、セットリストとは、その名の通り、ステージの曲構成(セット)をリストアップしたものの事です。

日本の業界の方は「セトリ」なんて、省略する人も多いです。

ちなみに、日本は略文字だらけの国ですよね。実は、ちょこっと国外に離れているだけでも、「?????」という言葉だらけなんですよ。(笑)

これも、音楽話しに関係なく、「海外暮らしの私たちが混乱する省略ワード」的なテーマでいつかお話し出来たらなあと思っていますが、本当にわからない言葉が多いのですね!

軽く触れると、「FB」(フェイスブック)、「PC」(パソコン)・・・これだけでも、「ん??」となるのが、海外在住者です。

ちなみに、ファイスブックは、そのまま「Facebook」、パソコンは、Laptop(ノートブック)または、Computer(デスクトップ)です。

英語圏の人は、基本的には言葉を略すことはしません。

海外でも、メール文字で、「See you」を「C U」、「To you」を「2 U」、「Later」を「L8er」なんて略す事も有名ですが、実は、これらを使っているのは、子供か、外国人(英語圏外)の人がほとんどです。

純粋な英語圏の人は、単語は綺麗に正確にスペルを綴ります。

略すのがクールだぜ!と思って、略文字満載で英語圏の友人にメールを送ると、幼稚だな、なんて思われかねないので、海外の略文字使用はぜひ、ほどほどに。(笑)

ただ、日本はすでに、「取説」なんかは常用語になったりしてるほどに、略文字はポピュラーなので、私のように、略文字が出るたびに「それってどういう意味?」と訊ねていると、周りから結構面倒くさがれますので、日本では日本のルールでいきましょう!

・・・と、はい、これは海外在住者さんとのお話しですね。(笑)

音楽に話しを戻すと、日本のイベント出演の打ち合わせメールで、RH(リハーサル)という言葉が出た時には慌てました。

だって、インターネットで調べても、その意味が出てこないんですもの!

これはかなりの音楽業界上級用語!?(笑)

直接、プロデューサーに訊ねましたね。聞こうかどうしようか・・・と、30分くらい悩みましたが。海外長いもんね、と笑って頂けました。(笑)

 

「セトリ」のおさらいをしてみよう!

では、具体的にセットリストを作ってみましょう。

演奏リストには、適当なタイトルをつけますね!(笑)

『 OYABIN Acoustic Solo GIG @TOKYO XXホール 20XX年X月X日 』

*約1時間予定

SE :The Doors「Break On Through」

(下手から入場)

(セッティングチェック後、PAに合図出しで演奏スタート)

1曲目「俺の人生」
(MC)
2曲目「この世に生を受け」
3曲目「山あり谷あり」
4曲目「転落続きだぜ」
(MC:ゲストミュージシャンXXさんを紹介→上手から登場)
5曲目「俺たちの花道」(ゲスト参加)
6曲目「明日へ向かってジャンプ」(ゲスト参加)
(MC:ゲスト上手から退場)
7曲目「大空へ羽ばたくのさ」
(MC:新曲紹介、リリースPR→エンディング曲)
8曲目「DO NOT WORRY, BABY!」

(下手に退場→アンコール→下手から再入場)

*アンコール曲「蛍の光・メタルバージョン」
*アンコール予備曲「Bad'N'Ruin」(The Faces カヴァー)

(上手へ退場)
(終)

はい、こんな感じで。(笑)

少々タイトルふざけすぎましたかね。いえいえ、マジでここは熱く。(笑)

こんなスタイルの書き方で例をあげましたが、分かりやすく書いただけなんで、取り急ぎは、自分のライブなのですから、自分で自由に作れば良いのです。

イベントなどのオファーを受けた時は、先方様より、セットリストや、ステージング等の記入用シートが送られてくるので、そのシートの覧を見ながら、指定された項目通りに順次埋めながら記入していけば良いだけです。

そういった場合は、具体的に、1曲目は何分の曲か、という正確な時間の記入や、作詞作曲は誰か(メディア等で放送するための著作権使用の関係)など、細かな覧になりますので、プロのオファーの場合は、適当記入はNGです。あくまで正確な情報を。

もちろん、提出後の変更もNGです。どうしても曲順を変更したいと思った場合は、相談で可能な場合もありますが、イベント等は舞台監督がおり、プロデューサーをはじめとする大勢のスタッフがおり、その方々が事前に全体を構成するために提出するわけなので、セットリスト等の必要書類の提出期限は決められています。

後日変更すると、全ての段取りが変わる可能性もあるので、舞台監督をはじめとする方々のみならず、前後の出演者の方など、沢山の方々にご迷惑をかけてしまいます。

確実な内容を記載してから、提出するのがマナーです。

ただ、自分でオーガナイズする、自分のステージとなると、演奏の全体時間さえ把握しておけば、あとは自分がステージ上でテンパってしまわないよう、リマインズするために、当日までにひっそり、組み立てておけば良いだけです。

一度決めたセットリストを変更するのも、規定の全体演奏時間さえオーバーしなければ、自由です。

もちろん、無理に紙に記入する必要もありません。頭の中で構成しておくのみでもOK。

ただ、PAさんや照明さんにお世話になるわけなので、やっぱり、構成表はあった方がいいかなあ・・・と、思いますが、PAさんでも、手慣れた方は、空気感や合図で、リストなしでもやってくれる方も多いので、場慣れしているミュージシャンや、お馴染みの箱での演奏であれば、ある程度頭でレパートリーの流れを構成しておき、パパパッと、その場で組み立てて行けます。

しかし、それは上級者。

ステージは「枠」のあるものですので、きちんとその枠に収めて演奏しなければなりません。

曲調の流れで全体の雰囲気を作るのも大事ですし、MCを入れるタイミングも決めておいた方が楽ですよね。

当然ながら、バンドの場合は、メンバーでしっかり話し合って、セットリストを決めておくのは必須です。この辺は、1人演奏って楽ですね。当日(枠さえ守れば)いきなり変更もできちゃいますから。(笑)

ちなみに、私の例ですが、以前にライブハウスで、ソウル曲のカヴァー、オリジナル、ジャズ曲、オリジナル・・・という曲調の構成でステージをやった時のことです。

リハーサルの段階で、PAさんや照明さんにご挨拶に周り(これは当然のことですよね!)、軽く流れをお伝えしながらセットリストをお渡しして、その後にステージに上がり、上部を見上げたところ、ミラーボールを発見。

「ジャズの曲の時に、いかにもビリーホリデーが歌ってる’50年代のジャズバー!といった感じにガラッと雰囲気変えたいなあって思ってまして・・・ミラーボールって回せたりできますか?・・・今、上に見つけちゃって・・・てへ!」

・・・と、ステージから(やや謙虚気味に?笑)問いかけたところ、照明さんが、「照明の色合いは希望あります?」と聞いてこられたので、すかさず、大きなガラス玉の指輪をした手を振り上げ、

「この指輪が光るような感じで!というのは嘘で、全てお任せします!(笑)」

と、伝えたところ、本番では、セカンド歌詞のバース頭出しのジャストと言う、もう、ものすごい絶妙なタイミングでミラーボールが回り、ステージ上がオーロラに輝くような、指輪がキラキラと輝くほどの素晴らしい照明効果を出してくださった上、音響も突然に’50年代にプレイバックしたかのようなディープなサウンドに!

もう、感激して(歌ってる自分が雰囲気に酔って)泣きそうになりましたね。

自分のチンケな歌(笑)が、ビリーホリデーか!の如くに盛られましたもん。音響効果と照明効果と、曲のムード。その空間が一体化して雰囲気が上げられまくり!

ぱつっ、と照明と音響が切れたら、ちんちくりんジャズだったかもしれませんよ、ほんと。真っ暗闇のライブで勝負できるストーンローゼスにはなれないわあ、なんて感じてしまいました。(笑)

みなさん、PAさん、照明さん、バックヤードのスタッフ様様ですよ。感謝の気持ちをお忘れなく!

・・・って、お題が変わってきちゃいましたね。失礼しました。

 

バスキングのセットリストはイメージだけでOK!

お題に戻ります。

セットリストについて、何となくお分かり頂けましたでしょうか。

自分のステージには欠かせない、リマインダーですよね。

バスキングも、自分だけのステージ。

イギリスでは、1セット、2時間。最低でも2セットのバスキングをするのが普通なので、合計4時間、自分だけのショウを展開できます。

ちょっと軽くバスキングやってみようかな、という方でも、最低でも1時間は演奏してほしです。・・・と、いうのも、30分ではバスキングの結果は出ません。

バスキングでお客さんからのチップが入る勢いが増すのは、30分を過ぎてから。

さらに言うと、多くの人達が振り返りはじめたり、声援が飛ぶようになったり、遠くで立ち止まって聞く人が増えたりと、盛り上がり始めるのは、1時間を過ぎてからなのです。

さらに言うと、スタートから15分経過時点で自分の前を通過した通行人さんが、買い物を終え、1時間後に再びバスキングのピッチに戻ってくれる人もいます。

ですから、1時間でも少ないくらいですが・・・

それでも、1時間も演奏をやるわけですから、セットリストを決めておかないと、まずいですよね・・・と、思いますか?

実は、バスキングにセットリストは不要です。

無駄。(キッパリ)

ざっくりとしたイメージは重要です。

こんな曲をやろう、あんな曲をやろう。そう、「曲決」めは必要です。

どんな曲をやるかも決めずに演奏しに行くなんて、根本的にまずいですよね。(笑)

しかし、セットリスト、つまり演奏曲の構成を決めても無駄。何故なら、確実にセットリスト通りには演奏できません。

ですから、準備するだけ時間の無駄なのです。

バスキングに挑戦する時は、あの曲、この曲、その曲。何曲は披露しよう!と、言うことだけ決めて行ってください。

曲の順番や、演奏の流れはどんな感じでやりたいやら、そんな準備は全く不要です。頭の中で考える必要すらありません。

MC?はい、以前にお話ししたように、トークで何をアピールしようかなんて、言語道断!バスキングでMCはやってはいけません。

次回は、セットリスト無しでどうやって1時間以上もバスキングをするんだろう?と言う部分について語っていきましょう。

Ciao ciao!