バスキング(路上ライブ・ストリートパフォーマンス)でよく見かける基本的なスタイルは、ギターを持って歌う、弾き語りスタイルですよね!

バスキングには色々なスタイルがあり、いろんなパートのバスカーが存在します。

楽器を使わないバスカーだって、歌を歌わないバスカーだっています。

しかし、今こちらの記事をお読みで、「バスキングにトライしたいなあ」と考えている方はきっと、弾き語りのスタイルでお考えの方が多いのではないかな、って思います。

実は、屋外で行うバスキングという活動で、体力的に一番ハードなのは、「歌うパート」でもあるのです。

風邪をひいて鼻声で歌うと、それがそのまま、自身の楽器である「声」に反映しますよね。

また、体調が悪かったり、喉を潰してしまうと、その楽器(声)そのものが全く使い物にならなくなります。リスキーなパートですよね。

喉のケアというのは、通常のライブやレコーディングでも全く同じ事なので、ボーカリストさんは常にお考えの事だと思います。

しかし、バスキング活動で毎日2〜6時間歌うということは、想像以上のハードさなのです。

ちなみに、バスキングを週一回、2時間のセットでやる!という方は、特に問題ないかと思います。通常の、ライブへ向けての感覚で問題ありません。

今回は、「日々日々、バスキングにトライしてみたい!」という、歌うバスカーに向けてのお話しとなります。

そんな、実はハードだった、バスキング市場でのボーカルパート。

リスクを最小限に減らす事のできる方法があります。

その方法は、あまり意識せずに皆さんがバスキングで行なっていることかもしれませんが、その理由についてを、掘り下げていきたいと思います。

前回、バスキングのアンプ使用についてを少しお話ししましたが、今回のお話しにも少し関連するので、よろしければこちらもどうぞ!

ボーカルは、生バスキングに要注意!

実は、歌手の場合、アンプやマイクを通した方がオススメです。

屋外での生声歌唱というのは、相当ハードです。喉の弱い人は1〜2時間でいっぺんで潰れる可能性もあります。

また、長期続けていると、ポリープが出来たり、声が出なくなる可能性もありますので、喉が弱い人や美声を維持したい方は、マイクを使った方が良いかもしれません。

ボーカリストは、あまり生歌でバスキングをやり過ぎない方がいいと思います。

これは、音の返りがない場所で歌っている事や、路上の雑音に声がかき消されるという部分で、スタジオやライブで歌う通常よりも、無意識に声を3倍くらい大きく出しており、さらにそれを一息入れずに何時間も何時間も歌っているからなのです。

気づかないうちに、相当、喉を使いまくっていると言うわけです。

しかし、アンプを通してマイクを使うことで、通常のライブと同じ感覚と変わらず、バスキングで歌うことができます。

私の声は、あまり癖がない澄んだ声のため、ロック大好きな私にとって、以前はそれがとてもコンプレックスでした。

昔は声を潰したくって、毎日スコッチをストレートで飲み、5時間発声し続けるという無茶をしていたことがあるのですが(危険なので良い子は絶対に!真似しないでください!)、どれだけその危険な発声を続けても、ポリープすらできず、全く声がしゃがれてくれない・・・という過去があるほど、かなり強靭な喉なのです。

それでも、初めてバスキングを行なった日から、毎日毎日4〜6時間、時に10時間と、弾き語り演奏を続けていたら、一週間に1度は声が出なくなる(その週に1日は、ほとんど歌えないくらいのカスカス声)・・・ということが、約3ヶ月続きました。

ちなみに、その3ヶ月間、「1日も休まずに」バスキングで生声で歌って・・・という事なので、念のため。週1でも休んでたら大丈夫だったかも。

当然、その間は、好きなジャズ曲の繊細なメロや、クリーンな歌が歌えず、ブルーズしか歌えなかったですね。(笑)

しかしながら、周りも「その声、どうしたの!?」と言うくらい、ロッドスチュワートばりのハスキー声に、みるみる内になっていったので、私自身は、万々歳でした。

それでも、結局、3ヶ月を超えた頃には、元の声に戻っちゃったんですけどね。

今では全く潰れません。逆に、それを繰り返していた事で、更に鍛えられたのかもしれませんが・・・

ある意味、本末転倒というのかもしれません。(笑)

とは言え、その初期の3ヶ月は、このまま声が出なくなるんでは、くらいの危険と、そのしんどさまでは体験したので(笑)全ての方に、ハードに続けることで喉に耐久性がつく、とか、必ず声が元に戻りますよ!と、言える保証は全くありません。

基本的には危険行為です。

喉や声って、元々の持っている本質があるので、歌が上手くなる、ならないのスキルとはまた別に、大元の喉と、そこにある声色というのは、そうそう変わるものではないので、喉が潰れない人は潰れないし、潰れやすい人は潰れるみたいですね。

ある程度の(過酷な場所で歌うような)免疫をつけたい方なら、あえてやるのもアリですが、美声を維持したい方は、生で歌うなら、きちんと決め事を作ってやる方が良いです。

もしくは、日々日々、長時間のバスキングをやりたいのであれば、アンプを通してマイクで歌うことをお勧めします。

マイクを使う事で、体力の消耗具合が全然違いますよ!

喉や体調のコンディションが如実に現れる楽器パート、ボーカル

知人に、生声でオペラ歌唱を披露するバスカーがいますが、彼女は、バスキングは1日2時間、週に3回まで、と決めています。

実際にバスキングをはじめて、その日、どれだけチップが入りそうな状況になったとしても、チップがザクザク入る繁忙期であっても、時間が来たらスパッ!とやめるそうです。

生声での歌唱の最高峰であり、誰よりも強靭な喉を持つオペラ歌手でも、ホールでの歌唱との違いを把握し、美声を保つためにも、野外で無謀なことはしません。

また、彼女がオペラ畑出身のバスカーで、今もオペラを歌っているとは言え、本当に現役でオペラの世界にいたなら、オペラ勉強中の学生だったなら、きっとバスキングはやらない・・・と、いうよりも、周りに止められますね、おそらく。

コンクールを控えて、万が一、喉がやられたら大変ですからね。

ちょっと現実的な話しですが、喉の面だけでなく、雑踏ではホコリや菌も凄いわけなので。数時間バスキングを行なった後で鼻をかむと、ティッシュが真っ黒になります。(少し汚い話しですみません!)

それだけのホコリが歌っている時にも・・・・と、考えると、結構リスキーです。神経質な人は無理かも。

歌うバスカーだけでなく、どのバスカーも、うがい、手洗いをしつこいくらいマメにやってます。

本当、これ、大事!

免疫がつくので、風邪を滅多にひかなくなるのも、ある意味メリットですかね。(笑)

実際に、ここ数年、風邪をひいた記憶がないです。

はじめた当初は、寒いわ、しんどいわ、空気が悪いわ・・で、風邪をひいたり、ダウンしそうになる事もありましたが、全くなくなりました。

菌に免疫がついたのか(笑)、あるいは、執拗なうがいと手洗いの癖が効いてるのかもしれませんね!

演奏の忍耐力がついて、うがい手洗い癖がついて、一石二鳥!・・・と言えども、神経質だと無理かな、気分的に嫌ですよね、こう言う現実的な話しを聞くと。(笑)

屋外の雑踏でマイクを通さずに歌うと言うことは、スタジオやライブ、自主トレでの生歌歌唱、カラオケなどとは、比較にならない体力と喉を消耗するのです。

普段から喉のケアを怠らないボーカリストさんならなおさら。ただ歌いたい、歌える場所がある、という事の喜びや、歌える時間が長いから良い、それが練習にもなるというわけではありません。

適切な環境で練習する事が、自身の楽器である喉や身体を、より良いものにしていくのだと思います。

バスキング市場では、ちょっぴり不利なパートって?

余談ですが、百害あって一利なし・・までは大袈裟ですが、バスキングで「体力を使う割には、割に合わない」と言われる楽器パートがあります。

肺活量を使う、管楽器(サックスやフルートなど)と、声楽(弾き語りを含む、自分の声を楽器とする歌手)、この二つの縛りのパートです。

人々にとって、声には好き嫌いがあります。

その歌が上手いから人々皆が好きと言うわけではありません。聞いてて心地よい声と、そうでない声が、やはり、人それぞれに違うのです。

そして、管楽器は生演奏でかなりの音量を出します。人々が、はっ!とそれに気づく音の強さがあります。

人々の聞く姿勢やフィーリング次第では、それらの音量の好き嫌いがある・・と言うことなのです。

比較的、万人受けしないのが、それらのバスカーであり、チップも、例えばクラシックの弦楽奏者に比べるとずっと少ないのです。

万人受けするバスカー、と言うのは、主張や個性がなるべく出過ぎず、人々がBGMとして、さらっと聞き流せる演奏をしているバスカーなんですね。

例えば、歌有りのギター弾き語りよりも、歌がないギターだけの演奏、つまりインストの方が好まれますし、同じギター演奏ですと、メタルやハードロックの演奏よりも、クラシックの方が好まれます。

歌のジャンルで言えば、オリジナルよりもカヴァー、カヴァーでも、ロックやソウルなどの歌い上げるような曲よりも、ボサノヴァなどのジャンルを優しく歌う方がチップが多く入る可能性があります。

ロックを聴きたい!という人はもちろん沢山いるはずです。しかし、万人がBGMとして聞けるようにと考えると、カフェで流れていても会話の邪魔にならないような、人々が聴き込んでしまう事がないような、そんな演奏や歌が「路上での万人ウケ」という事になります。

なぜかと言うと、バスキングが行われるのは、公共の場、人々が行き交う路上であり、そこを通る人たちの皆が皆、音楽を聴こう!と言う心構えで通っているわけではないからなのです。

気分がイライラしてる時や、静かな場所を求めている人にとっては、音楽の全てがプラスに受け止められない事だってあるのです。

自身のステージでは、主張や個性がとても大事になりますが、バスキングとなると少し違うわけなんですね。

管楽器や、声を使う、楽器奏者やボーカリスト達は、活動するフィールドでは愛され、その音楽が好まれようとも、路上に出ると、それらの好き嫌いが真っ二つにわかれてしまうパートなのです。

しかし、その割には、体力の消耗が激しい。その理由は、身体そのものの内側から消耗していく楽器であるから、つまり肺活量を使うからなのです。

他の楽器のバスカーと同じ時間演奏しても、チップは半分で、体力は倍、というイメージです。極端に言えばですが。

イギリスでも、ギター弾き語りのバスカーの比率は高いですが、その中でも、生声でバスキングを行なってるバスカーに、バスキング後に会うと、わりと皆、ぐったりした顔をしています。(笑)

生歌バスキングは、やりすぎ禁物です。

肺活量や、喉を長時間使い続けるのは、ギターを弾き続けて指に穴が開いたり、手が引きつる(当然それらも痛いし、私も指から血を出したことがありますが)よりも、かなりしんどいです。

身体の内側と、外側の疲労の違いではあるのですが、内側を使うと、なんと言うか、違う疲労が出るんですよね。

私は自分がバスキングをやるようになってから、歌手や管楽器奏者のバスカーが演奏しているのを見かけると、すかさずチップを入れてしまいます。

演奏や歌がどうこうよりも、(本当にお疲れ様!涙)と言う思いが先に来てしまって。(笑)

あと、歌手の方は、路上のバスキングを利用して「練習しよう」とは、思わない方がいいです。

私も時々、「バスキングしながら練習できていいね」と周りに言われる時がありますが、とんでもないです。

歌う事だけではなく、様々なバスキング中の事情というものが他にも沢山ありますが、歌だけに限って言えば、始めた1分後から、その4時間後まで、継続して安定して、決して止まらずに歌い続ける事が最優先ですし、その演奏や歌も、外へ向けているものですから。

バスキングはパブリックで不特定多数の人に見守られている、耐久レースです。お試ししながらはできません。練習は、スタジオか家でやった方が100倍良いです。

それよりもまず、公共の場で、練習しようと考えるのはNGですよね。(笑)

もちろん、楽器のパートはどのパートでも大変です!

ドラムだってギターだって何だって、長時間演奏をすれば、相当な体力を消耗します。

体力だけでなく、精神力だって使いますよね。

そういった意味では、ボーカリストだけがしんどいと言うわけではありません。

そして、ボーカリストも、ステージで踊ったり、走り回ったり、演出したりという、外側の体力維持も必要ですよね。

ただ、注意したいところが、サックスなどの管楽器や、ボーカルというパートは、内側から力を使うパートであり、連続して肺活量を使うことは、また別の、内側の疲労感があるということです。

気合いでやったる!というのとは、また違う部分なのです。

肺活量もそうですが、喉に限って言えば、気合いではどうにもなりませんよね、万が一潰れてしまったなら。

やはり、日々の鍛練も必要となりますし、その力の出し方やバランス調整というのは、自分自身で行わなければなりません。

バンド活動などでも同じで、バンドの他のパートには、指や腕のケア、体力維持など、それぞれに自身のパートでケアに重点を置かなければならない箇所があります。

音合わせやリハーサルをしている時も、それぞれのパートが自身の状態を管理しながら、相手にコンディションを伝え、バランスを取りながら合わせていく事も大事です。

また、バスキングの場合は、たった一人で行うわけですから、気づかすに無理をしがちです。

管楽器奏者やボーカリストに限らず、他の楽器奏者でも、そのバランスの管理がとっても重要になります。

音楽を演奏するにも歌うにも、大きく言えばどんな仕事をしていても、まずは身体が資本!

お互いに、健康管理に気をつけながら、そして、自身のパートに使う身体の部分のケアをしながら、良い音楽ライフ、良いバスキングライフを楽しみたいですね!

それでは、また次回にお会いしましょう!

Good luck with your busking!