少し思考を変えて、レストランにスポットを当ててみたいと思う。

日本にも各国の料理店が多く存在するが、それはイギリスだって同じだ。私が長く暮らしているロンドンにも、日本食はもちろん、アジアン料理やイタリアン、フレンチにインディアンと沢山のレストランが立ち並んでいる。

少し前まで、手が届かないお高い料金の日本食料理店しかなかったのが、今では気軽に入れて、そこまで不味くもない日本食のレストランも沢山増えた。

外食をしたいなあ、日本人観光客がそう思う時、日本食を選ぶ人は大変多い。

異国で母国の味が恋しくなるというシンプルな理由の他にも、日本語のメニューが確実に存在するというのが容易に推測でき、また店内で日本語が通じるかもしれないという安心感も手伝っている。

ただ、料理のお値段は少々お高いわけなので、学生旅行の方や、極力節約を心がけている観光客が次に候補に上げるのが、世界的に有名なファーストフードチェーン店であったりする。

しかし、これらはいずれも日本でも食べる事ができる。旅行気分を堪能したいと考えている節約観光客組は、他にお手軽なプライスで飲食できる店は無いかと考え、目抜き通りをぶらぶらと歩きながら、ほどよいレストラン探しの冒険を始める。

食の冒険、それはイギリスでは大変リスキーな事である。

そして大半の日本人が、最終的にある国のレストランに助け舟を求める事になる。

ロンドンで一番外れに当る確率が高いレストラン、それはイタリアンのレストランである。実際に私が過去に外れと感じた店は、何故かイタリアンである事が多い。

そして、

「お昼は外でパスタを食べて来た。」

そんな声を日本人観光客から聞く事も大変多い。ちなみに、その台詞の後に、とっても美味しかった、と続く事はほとんど無い。

イタリアンは日本でも人気の料理であり、日本でどんな店を選べどもまず外れる事は無いので、不思議に思うのではないかと思う。

実はこの外れがなさそう、というのが落とし穴なのだ。

イギリスに訪れる観光客は、

「イギリス料理は不味い。」

という、余計な潜在意識を植え付けられた上でイギリス旅行へとやって来る。

誰がそんな事を言い始めたのかは分からないが、実際は不味いものばかりではない。美味しい物だって沢山ある。

私の舌の問題では、と言われそうだが、長きに渡っての海外暮らしで、何も貧しい食事ばかりして来たわけではないし、不味い料理に舌が慣れてきたわけでもない。

自分で言うのも何だが、私の舌は結構肥えている方ではないかと思っている。

実は私は、昔からずっと、衣食住の中で食に一番の楽しみを費やしてきている。

床で寝る事も気にはならないし、当然、共同部屋での雑魚寝も気にならない。

服や化粧品等、女性らしい買物ができない日々が続いても全く平気だが、食べる事を我慢するのは物凄く辛い。

エンゲル係数に十分な余裕が無ければ無いで、楽しく安く、そして美味しくやりくりをする。外で食べる事も、買う事も出来ない時は、一から自分で美味しい物を作ればよいだけの事だ。

私は、肉なら肉、卵なら卵、野菜なら野菜と、それぞれの食材の、ロンドンで一番価格の安い店の情報をある程度は押さえている。

それらの店をバスまたは徒歩でぐるり回って食材を購入し、食べたい料理を思い描いてはレシピを考え、自炊を楽しむ。

収入の関係上、友人達と外食をする事は頻繁には無いのだが、それでも、友人と外で会うと決めたならば、食事する店をけちけち選択したりはしない。

あくまで自分で支払える範囲内での選択にはなるが、せっかくお金を出すならば美味しいお店で食べよう、そう考える方である。

また、私はこれまでに出世払いという言葉と引き換えに、数々の美味しい料理をいろんな方々から御馳走になってきた。それらも舌を育ててくれたと思っている。故に、出世払いが溜まりに溜まって来た今では、この借りを長年返せていない事への苦悩で、生きた心地がしない毎日である。



余談ではあったが、ロンドンで外食をする際、それがイギリスの郷土料理であれ世界各国の料理であれ、私は世間が騒ぐ程に不味いと思った事はあまり無い。

しかし何故か、ロンドンでイタリアンを食べた時は、不味い、そう思う時の方が多かったのである。

これは、イギリス料理は不味い、という意識が自然とあるのと同じく、イタリアの料理は美味しい、という潜在意識からなるものではないかと思う。

イギリスの料理は凄く不味いのだろう、そう思ってロンドンに訪れた大半の観光客は、目に映るパブや、イギリスのレストランらしきそれらの店の数々に、

「騙されるものか。」

と、その門をくぐらずしてその真実と向き合おうとしない。

そんな時、目抜き通りのあちらこちらに、赤と白と緑の色が主張された外装のレストランがひたすら目につく。

そして人々は

「イタリアンであれば大丈夫だ。」

そう言って、何の疑いもなくそれらの店に入る。

しかし、実際に食べてみるとあまり美味しくはなかった。そこで、イギリスで食べた料理は不味かった、という噂が、晴れて真実となってしまう。

しかし待って欲しい。それはイギリスの料理ではなく、イタリアの料理である。

実際には、それら美味しくなかったイタリア料理の鍋を振ったのは、イギリス人なのかもしれない。いや、美食の国、イタリアから生まれたイタリア料理が不味いとなれば、間違いなくイタリア人が作った料理ではないのだろう。となれば、やはり悪いのはイギリスだ。

だか、イタリアの国旗を見ただけで美味しいだろうと判断し、騙された者が悪いのだ。

イタリアンは美味しい。しかし、どんなに美味しいイメージがあろうとも、それを作る料理人によって味は様々だ。

それは極めて外れの店が少ない美食の国、日本だって同じであろうと思う。

初めて訪れた異国の街で、いきなりギリシャ料理店や、レバノン料理店に足を運ぶ人はまず少ないであろう。

しかし、イタリアンレストランというのは何故だか入り易い。非常に大衆的かつフレンドリーなイメージがある、と言ってよいのではないか。

見知らぬ土地で食に不安を抱いた人々は、イタリアンの看板を見つけるとその大衆的な雰囲気と、美食の国のイメージに何故だか安心し、ふらり足を運んでしまう。

だが、実際にはレバノン料理店を訪れた方が、外れは極めて少ないかもしれないのである。

レストラン選びで、二つ目に助言をするならば、店を選ぶ基準、それを値段に設定するという事である。

ロンドンで料金の安い店に、美味しい店はかなり少ないのが現状である。実際に安くて美味しい店の情報は、そこで暮らしている現地の人間にしか分からない。おそらく、それらの店は観光客にとっては入り辛い、もしくは見つけ難い店であると言える。

ロンドンの物価は高いなあ、と頭を悩ませた観光客は、お手頃な値段でランチやディナーが出来る店を探す。ランチならば十ポンド前後、ディナーならば二十五ポンドから三十ポンド前後であろうか。当然ながらドリンク代も込みの料金設定である。

しかし、観光街の目立つ場所に有るレストランで、この料金を維持している店は何故だかイタリアンに限られてくるので不思議だ。

はっきり言って、この値段設定で美味しい外食に出会う事は、イギリス初心者にはまず不可能である。不味いと感じた料理に払った料金がそれらに該当するのであれば、それは不味くても仕様が無い事なのである。

はっきり言うと、お金を出せば、東京にも負けない程の素晴らしく美味しい店がロンドン市内にはごろごろとある。

しかし、イギリスの郷土料理しかり、イタリアンしかり、観光街の目につき易い所にあるお手頃な値段の店は、ほぼ外れなのが現状である。安くはない、と感じながら訪れたレストランならば、決して不味い店ではないと私は断言できる。

この辺も日本の感覚で考えると厳しい食事情である。何と言っても、日本は安くて美味しい物が沢山あるので、予算を押さえてデートをしても、ガールフレンドを喜ばせるレストランを選択する事が可能だからだ。

イギリスでは、その選択はまずできないという事を覚悟してほしい。

思い返してみると、私もいち観光客であった頃や渡英当初は、イタリアンレストランによく足を運んだものだ。

やはり単純に、日本では一般的であるイタリアンという名とその店の入り易さ、そしてお手軽な料金に釣られての事であった。しかし、実際にはそれらのどれもが失敗の連続であった。

付け加えると、美味しいイタリアンの店もロンドンには沢山ある。

つい先日も、ナイツブリッジにあるイタリアンの店に行って来たのだが、これが本場イタリアで食べた料理に負けない、いやそれ以上に美味しいイタリアンであった。

ロンドンで外れと判断したイタリアンに関しては、安くてお手軽で、その店内がほぼ観光客で埋め尽くされているような、という縛りでの例えである事、またその解釈も私の偏見だと言う事をご理解願いたい。

(つづく)